ミシュランも包み込んだ420円ポッキリの悦楽 浅草「餃子の王さま」のギョーザ【連載】東京レッツラGOGO! マグロ飯(9)

都内散歩と食べ歩きにくわしいフリーライターの下関マグロさんが、都内一押しの「マグロ飯」を紹介します。


なめらかでうまみにあふれた餡

 存在は知っているけれども、なかなか入れないお店ってありませんか。

 筆者(下関マグロ。食べ歩き評論家)にとってその代表的なお店は、浅草中央通りにある「餃子の王さま」(台東区浅草)でした。何度も店の前まで行くのですが、いつも満員なので「まあ、今度でいいか」ってスルーしていたのです。

看板メニューの「王さまの餃子」。420円(画像:下関マグロ)

 しかし、意を決して入ってみることに。一階のカウンター席は満席のようでしたが、お店の人が「奥の席が空いていますよ」とおっしゃってくださいました。ただカウンターの席と後ろの壁の間に距離がありません。

 と、お客さんたちが席を引いてスペースをつくってくれました。ああ、「この店はいい店だなぁ」と感じながらカウンターの一番奥へ着席。

 いただいたのは看板メニューの「王さまの餃子」(420円)とタンメン(630円)、瓶ビール。「王さまの餃子」は外がカリッとよく焼かれていて、餡(あん)はなめらかでうまみにあふれています。

 タンメンは太麺で野菜たっぷり。スープがとてもやさしく、ギョーザとの相性もバッチリです。いっきに虜になりました。何度か行くうちに、一階のカウンターだけでなく二階にもテーブル席があることがわかりました。

店名は来店客のひと言で決定


【昭和の面影】1954年の創業当時の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200115_gyoza_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200115_gyoza_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200115_gyoza_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200115_gyoza_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200115_gyoza_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200115_gyoza_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200115_gyoza_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200115_gyoza_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200115_gyoza_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画