23区「山手通り沿い」にお買い得物件がゴロゴロしている社会的事情

かつては「排ガスや音がひどい」と言われていた山手通り沿いのエリアですが、今では家を買うにしろ、借りるにしろ、狙い目の場所。いったいなぜでしょうか。住宅評論家の櫻井幸雄さんが解説します。


変化が起きている大通り沿いの住環境

 明治通りに環八、環七、目白通り……東京23区内には車の交通量の多い道路が多く存在します。これら大通りに面した場所は騒音や排ガスが多く、「あまり住みたくない場所」と考えられてきました。

 しかし、近年、大通り沿いの住環境に変化が生じ始めています。

 まず、騒音や排ガスの規制が強まり、車全般が静かでクリーンになりました。それに加えて、ハイブリッドカーや電気自動車が増えたため、道路から生じる音と臭いが大幅に減少。大通りに面した家に住んでいても、騒音に耳をふさぎたくなることが減り、排ガスで家の外壁が黒く汚れることもなくなりました。

 これに加えて、地下に新しい道路ができたことで車の通行量が減少。環境が大きく変わったと感じられる大通り沿いエリアもあります。

 そんな場所では、環境がよくなっているのに、「排ガスや音がひどいんでしょ」というイメージは以前のまま。そのため、住み心地のよいマンションや一戸建てが割安で購入できたり、借りたりできることがあります。

 そう、例えば23区内では山手通り沿いのエリアのように。

正式名称「東京都道317号環状六号線」


【SUUMOジャーナル調査】シングル向けなら港区のあの駅がねらい目?「山手線」沿線、中古マンション価格相場が安い駅ランキング 2021年版

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210323_yamanote_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210323_yamanote_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210323_yamanote_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210323_yamanote_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210323_yamanote_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画