90年代の「たまごっち」ブーム 原宿の大行列に並んだ元総理大臣って誰?

30代以上の人なら、きっと懐かしく思い出すであろう90年代後半の「たまごっち」ブーム。当時の人気っぷりは、とにかくすさまじいものがありました。フリーライターの猫柳蓮さんも、当時たまごっちに熱狂したひとりのようです。


日本中の話題をさらったおもちゃ

「テトリンよりも売れているらしいぞ」

 1996(平成8)年11月に発売された、ひとつのおもちゃが、にわかに注目を集めました。バンダイ(台東区駒形)から発売された「たまごっち」です。

 正式な発売は11月23日。その少し前から渋谷など雑貨店やレコード店でのテスト販売が行われていました。そうしたところテスト販売を行った5店舗のうち、4店舗で即日完売という評価を獲得したのです。

 そうした盛り上がりを受けての正式発売。その日から、たまごっちはメディアと日本全国の話題をさらうことになります。

まず飛び付いたのは女子高生たち

 最初に飛びついたのは、当時「コギャル」という言葉で呼ばれることが多かった女子高生たち。彼女たちの通学グッズの定番として、たまごっちは大人気になったのです。

 それまで、同様の携帯ゲームとしてゲームテック(福岡市)から発売されていた「テトリン」が女子高生の間では人気でした。

 これは、モノクロ画面でテトリスなどをプレーできる超小型のゲーム機です。これに対して、たまごっちはデジタルなペット飼育。

 液晶画面の中の謎の生物・たまごっちに、餌を与えたり、トイレの世話をしたりしながら少しずつ成長させていきます。

芸能人も次々ゲット、徹夜行列も


【画像】知らぬ間に進化していた! 過去10年間に発売された「たまごっち」の数々を見る(8枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200827_tamago_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200827_tamago_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200827_tamago_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200827_tamago_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200827_tamago_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200827_tamago_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200827_tamago_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200827_tamago_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200827_tamago_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200827_tamago_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200827_tamago_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画