八王子になんと「養蚕農家」が1軒残っていた! 日本の近代化を支えた産業の今とは

蚕を育てて繭を取る養蚕農家――東京とは一見縁遠い存在に思われますが、実は八王子市に1軒残っているのをご存じでしょうか。編集者・ライターの小野和哉さんが当事者インタビューを行いました。


農家から神のように敬われた「お蚕さま」

「養蚕(ようさん)」と聞いてピンとくる人はそれほど多くないかもしれません。というより、ほとんど皆無といっていいでしょう。養蚕とは、文字通り蚕(かいこ)を育てて、繭(まゆ)を取ること。小さな卵からふ化した蚕は幾度かの脱皮を繰り返し、やがて糸を吐いて白い繭にすっぽりとくるまれます。煮出した繭から細い糸が1本1本と紡ぎだされ、生糸となり、それが縦に横にと編み込まれ、絹織物へと形を変えていきます。

東京で唯一の養蚕農家となった長田誠一さん(画像:小野和哉)

 2014年、群馬県富岡市の富岡製糸場が「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産に登録されたことは記憶に新しいかもしれません。明治時代における殖産興業政策の象徴ともいうべき、その施設。かつて生糸は日本の主要な輸出品目でした。明治初年には、生糸と蚕種(蚕の卵)が輸出総額の3分の2を占めていたといいます。

 日本の近代化を支えた一大産業であった養蚕も、1929(昭和4)年の世界恐慌で生糸が売れなくなり低迷、戦後に再び盛り返したものの、国産生糸が輸出品やナイロン製品に押され、昭和30年代以降は一気に衰退の道をたどっていきます。

 農家にとって養蚕は貴重な収入源であり、全国各地で蚕の飼育が盛んに行われました。掃き立て(かえした蚕に初めて餌になる桑を与える作業)から1か月半で繭となり、すぐに現金に換えられる蚕は、庶民から神様のような扱いを受け、「お蚕(こ)さま」として大切に育てられたのです。

 しかし養蚕農家の数は、ピーク時には全国で221戸(昭和4年)ありましたが、2018(平成30)年までに293件までに減少(農林水産省『新蚕業プロジェクト方針』2019年9月)。東京においても徐々に数を減らしていき、ついに2021年、八王子の1軒を残すのみとなりました。

人間の赤ん坊を育てるように世話


【地図】養蚕農家が1軒残る八王子市「加住町(かすみまち)」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_yousan_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画