よく見たら、秋葉原が“ソシャゲ広告”だらけになってた! ネットも反応「課金祭りが増えた」「秋葉原は時代を語る」

2021年9月6日

ライフ
ULM編集部

あっと驚く衝撃の場面、感心させられる発見や豆知識、思わず涙を誘う感動の出来事……。SNS上では毎日、新鮮な話題がいくつも発信されています。そのなかから「東京」に関連するものを厳選してご紹介します。


広告は時代を映す鏡

「広告は時代を映す鏡」――。その言葉通り、人々のニーズや暮らし向き、関心の行方を端的に捉えたキャッチコピーはもちろん、街頭を飾る巨大ポスターの数や商品ジャンルにもその色は強く反映されます。

 東京でもとりわけ目まぐるしく表情を変える街・秋葉原。この街で撮影された画像が、「現代を端的に表している」とツイッター上で話題になっています。

秋葉原「ある意味これが現代なんだ」

 撮影したのは、10年以上にわたって毎朝秋葉原を巡回しその様子を記録し続けているツルミロボさん(@kaztsu)。

「秋葉原、ソシャゲのアニバーサリー広告だらけ」

というひと言とともに、街頭広告を写した4枚をアップしました。

ソーシャルゲームの広告がいくつも並ぶ秋葉原の街頭(画像:ツルミロボさんのツイート)

 アニメ風のかわいらしい絵が描かれた各広告には「皆さまに支えられて1周年!」「おかげさまで4th Anniversary」といった文言が並んでいます。なかには「Half Anniversary(半年記念)」というものまで。

 日本一の電気街、オタクの聖地、アイドルの聖地など、さまざまな異名を冠してきた秋葉原は今、SNSをプラットホームとしたソーシャルゲーム(ソシャゲ)のビジュアルを数多く掲げる街という側面も併せ持っているようです。

 これにはフォロワーたちからもさまざまな反応が寄せられて、

「ある意味、これが現代(いま)なんだなって思う」
「秋葉原は時代を語るのか」
「今のゲーム界隈(かいわい)の現状が分かりやすくまとめられている。最近は半周年でもハーフアニバーサリーで『課金祭り』があるソシャゲも増えたもの」

といった声も。モノを買うよりゲームに課金してプレイを楽しむという若い世代を中心とした消費傾向は、外出自粛が長引く新型コロナ禍でいっそう加速した向きもあるかもしれません。

ソシャゲ広告がうたっているもの


【画像】ソシャゲ広告だらけ? 今の秋葉原(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210906_akihabara_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210906_akihabara_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210906_akihabara_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210906_akihabara_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210906_akihabara_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210906_akihabara_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画