超高級デザートだったクレープを庶民の「定番スイーツ」に変えた立役者は誰だ?【連載】アタマで食べる東京フード(3)

味ではなく「情報」として、モノではなく「物語」として、ハラではなくアタマで食べる物として――そう、まるでファッションのように次々と消費される流行の食べ物「ファッションフード」。その言葉の提唱者である食文化研究家の畑中三応子さんが、東京ファッションフードが持つ、懐かしい味の今を巡ります。


クレープが知られるようになったのは1960年代

 洋菓子のなかには、オリジナルにアレンジの手が加わり、原型からすっかり姿を変えたものが少なくありません。

 典型が、苺(いちご)のショートケーキ。元来は硬めのビスケットとバタークリームを使ったケーキでした。それを日本人好みのソフトなスポンジとふわふわの生クリームに置き換えた。この工夫が、時代を超えた大ヒット商品になるための突破口でした。

 フランス生まれのクレープも、ショートケーキと同じく、日本で独自の進化を遂げた洋菓子です。

日本で大人気のクレープは、どのような流行の変遷をたどったのでしょう(画像:写真AC)

 クレープは高級レストランのデザートとして登場しました。それ以前から一流ホテルで出してはいましたが、とりわけ知名度を上げるのに貢献したのが1966(昭和41)年、銀座に華々しく開店した「マキシム・ド・パリ」。当時パリで最高峰だった19世紀創業の老舗レストランです。

 その支店ができたことは、日本のめざましい経済成長を物語る大ニュースになりました。現在ミシュランの三つ星を50年間取り続けている名門レストラン「トロワグロ」のオーナーシェフであるピエールさんを初代料理長として招聘(しょうへい)したことも、一大事件でした。

 マキシムの名物デザートが、クレープ・シュゼット。三角に折り畳んだクレープを、オレンジソースでくつくつと煮て、リキュールをふりかけてフランベ(火をつけて燃やしアルコール分を飛ばすこと)するというパフォーマンスを、テーブル脇のワゴンで給仕人がうやうやしく行いました。優雅なサービスを初体験した日本人の衝撃は、いかばかりだったでしょう。

多大な影響力を誇った「女性誌」の功績


【画像】とどまるところを知らない進化 今春デビューのKAWAIIクレープたち

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/200414_crape_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200414_crape_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200414_crape_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200414_crape_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200414_crape_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200414_crape_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200414_crape_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200414_crape_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画