「抹茶」の進化が止まらない! 都内イベントも開催、ブームを超えて人気を拡大し続けるワケとは

日本伝統の飲み物という枠組を飛び越えて、スイーツの世界でも今やすっかり定番のフレーバーになった抹茶。でも、「まだまだこれからです。抹茶を取り巻くムーブメントは、これからさらに面白くなります」と、ホットペッパーグルメ外食総研・上席研究員の有木真理さんは力説します。


「今さら抹茶?」なんて言わせない

「抹茶ブームが来ています! 抹茶について書かせてください!」

そう編集部に懇願してみたのに、いまいちピンと来てない様子。「え? 抹茶ものってカフェでもコンビニでもずいぶん前から普通に置いてますよね。ちょっと今さら感ありませんか?」

 違うんです。抹茶は進化し続けているコンテンツで、東京でもまさに今、新時代のブームが来ているんです。

10月3日からの3日間、渋谷キャストガーデンで開催された「抹茶ハイフェスティバル」(画像:抹茶ハイフェスティバル抹茶ハイフェスティバル実行委員会)

 ということで今回は、日本人にとって非常に身近な抹茶がテーマ。あらためてその歴史を振り返るとともに、抹茶がどのように進化し再ブームに至ったのか、その現象と背景を解説します。そして、その進化は今後どのような展開を見せるのか、ちょっとした豆知識とともに未来予想をしてみたいと思います。

そもそも抹茶とは? 煎茶と何が違うの?

 さて、皆さんは抹茶と煎茶の違いをご存じでしょうか。簡単に言えば、抹茶は葉を乾燥させて、石うすで摺(す)り、粉末にして、茶筅(ちゃせん)で泡立ててお茶にするもの。つまり葉そのものを摂取する飲み方です。一方「煎茶」は、揉みながら乾燥させ、その葉をお湯を急須に注ぎ、液体だけを飲むため、葉そのものは、基本的に摂取しません。

 もう少しだけ抹茶について解説すると、抹茶は葉の栽培過程で日光を遮ることでお茶に含まれる葉緑素が増えるため、葉の緑が濃くなります。そして、日光を遮ることで渋みの基となるカテキンの形成が抑えられ、あのまろやかさが出るそうなのです。

抹茶をたしなむ日本人のイメージ(画像:写真AC)

 抹茶は何となく日本古来の飲み方というイメージがありますが、この摺ったお茶をお湯に溶かして飲む「抹茶スタイル」は、実は1200年前後に中国で生まれてその後日本に伝わってきたものなのだそうです。

 主に貴族や武士の間で楽しまれ、その後、千利休の活躍によって日本の文化として根付いていきました。対して、急須でお茶を入れる「煎茶スタイル」の誕生は1650年ごろ(こちらは日本で)といいますから、「抹茶スタイル」がいかに長い歴史を持つかがおわかりいただけると思います。

 ではこの歴史ある抹茶が、現代の日本社会でどのように流行していったのか、抹茶ブーム・ヒストリーを振り返ってみましょう。

一大ブームを起こした「和洋融合スイーツ」


【画像】この秋登場した新スイーツも! 進化し続ける抹茶スイーツのよりすぐり7選

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191007_matcha_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191007_matcha_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191007_matcha_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191007_matcha_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191007_matcha_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191007_matcha_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191007_matcha_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191007_matcha_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191007_matcha_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191007_matcha_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191007_matcha_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画