創業50年 千代田区の中華料理店が静かに廃業 店主の「あいさつ文」に1.4万人「泣けてきた」「本物の職人」

2021年8月25日

ライフ
ULM編集部

あっと驚く衝撃の場面、感心させられる発見や豆知識、思わず涙を誘う感動の出来事……。SNS上では毎日、新鮮な話題がいくつも発信されています。そのなかから「東京」に関連するものを厳選してご紹介します。


神田、店のガラス戸に張られた「ごあいさつ文」

 長引く新型コロナ禍で、廃業を決めた飲食店は決して少なくありません。昔から当たり前にあった町の名物店が、ある日ふいに看板を降ろしてしまうこともあります。

 東京メトロ淡路町駅、JR神田駅からほど近い千代田区内の一角で2021年6月、老舗の中華料理店が静かに店を閉めました。

 店のガラス戸に張られた「ごあいさつ文」を見つけ、8月23日(月)ツイッターに投稿したのは、自身も飲食店を営む 黒かどや(@kadoya1)さん。

 その内容が「泣けてきた」「寂しい」「やるせない」とツイッターユーザーたちの反響を集めています。

「余り美味しいと言えませんでしたが」

<ごあいさつ

閉店の「ごあいさつ」が張られていた、神田の中華料理店(画像:黒かどやさんのツイート)

 この程、コロナ禍中と加齢もあり六月をもって閉店する事に致しました。

 私の知る処では、昔風の味は、神田にはもう無いかも知れません。「昔、父ちゃんと一緒に食べた味だ」と話されたお客様が印象に残ってます。

 この道五十年、余り美味しいとは言えませんでしたが、日頃よりご愛顧頂きましたお客様に誠に心から御礼を申し上げます。

令和三年 六月吉日
中華料理 ひかり 店主>

店主の50年に触れ「身震いする思い」


【画像】切ない……店主の「ごあいさつ文」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210825_chuka_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_chuka_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_chuka_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_chuka_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画