20万円の携帯電話に申し込み殺到! 90年代「世界最小・最軽量」で売れまくったムーバを覚えていますか?

今や生活必需品となった携帯電話。90年代中期にその盛り上がりを支えた「ムーバ」について、20世紀研究家の星野正子さんが解説します。


携帯電話という技術革命

 携帯電話は現代人の生活の一部、どころではなく、半分くらいを占めています。あまりに当たり前過ぎる存在となったためか、新製品のスマートフォンを買っても昔のように自慢できません。

 そんなときに思い出すのが、「携帯電話を持っている」というだけで話の中心になれた時代です。

 1985(昭和60)年にショルダーホンのサービスが開始され、1987年に携帯電話が登場。移動しながら使える電話はそれまで、大企業の重役か、お金持ちのためのもの(自動車電話)でした。これを機に、一気にビジネスシーンで使われるようになります。

 この流れに、NTT以外の日本移動通信(IDO)や第二電電(DDI)などが参入し、競争が激化。そんななかで各社が端末の買い切りを導入し、契約数を増やしていきました。

 この頃は「携帯電話を持っている」、ただそれだけでライバルよりも仕事ができると思われていました。当時のNTTは携帯電話の利便性を次のように語っています。

「事務所から全員出払ってしまうことも珍しくないですよね。そんなとき留守番電話ということもありますが、携帯電話があれば、転送電話機能を付加することで出先で応答ができ、ビジネスチャンスを逃すことはまずない」(『プレジデント』1991年8月号)

 当時、顧客からの電話を外出先で受けられるだけで、まるで未来に行ったような感覚でした。なにしろ携帯電話が普及していない時代は、公衆電話から会社に何度も電話して用件を尋ねなければなりませんでした。

 携帯電話があれば、そんな手間はいりません。おまけに電話番の人件費を削減できるという利点もありました。

世界最小・最軽量、ド級のインパクト


【画像】80年代「ショルダーホン」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210817_mova_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210817_mova_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210817_mova_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210817_mova_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210817_mova_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画