バブル以降、ポップスの歌詞から「地名」が消えた理由――オメガトライブを通して考える

歌謡曲ではかつて多く地名の入った歌詞が歌われてきました。しかしバブルを経ると急激に減少。いったいなぜでしょうか。法政大学大学院教授の増淵敏之さんが解説します。


オメガトライブというプロジェクト

 暑い日が続く今夏、筆者(増淵敏之、法政大学大学院政策創造研究科教授)は時々、定番のシティポップを聴いています。

 シティポップとは、1970年代後半から1980年代にかけて流行したニューミュージックのなかでも、特に都会的に洗練され、かつ洋楽志向の楽曲を総称した日本の音楽ジャンルで、ここ数年、国内外で広く再評価されています。

 そんなシティポップのアーティストのひとつに、オメガトライブがあります。オメガトライブは、プロデューサー・藤田浩一の指揮の下、作曲家・林哲司と和泉常寛、アレンジャー・新川博らの制作陣を中心としたプロジェクトバンドの総称です。

 ボーカルは杉山清貴、日系ブラジル人のカルロス・トシキ、新井正人と移り変わり、それぞれのバンド名は

・杉山時代:杉山清貴&オメガトライブ
・カルロス時代:1986オメガトライブ、カルロス・トシキ&オメガトライブ
・新井時代:ブランニュー・オメガトライブ

でした。

1986オメガトライブのアルバム「Navigator」(画像:バップ)

 オメガトライブのようにバンド内で楽曲を自作し、自演するアーティストが登場する以前、日本の音楽業界では、専業の作詞家と作曲家が楽曲を作るのが一般的でした。ですから、歌手はその楽曲を歌うだけということになります。いわゆる分業制です。後年、ファクトリー(工場)ミュージックという言葉が広まりますが、分業体制のもと、工場で音楽を作るといった意味合いでした。

 プロデューサーの藤田浩一は音楽事務所トライアングル・プロダクションのオーナーでもあり、かつ作詞家や作曲家、アレンジャーとのプリプロダクション、レコーディング・スタジオでのミュージシャン、エンジニアへの指示、レコード・ジャケットの決定からマーケティング戦略までの流れを一元管理していました。そういう意味では、オメガトライブのプロジェクトは紛れもなくファクトリーミュージックでした。

カルロス時代にから抽象化する歌詞


【画像】現在の「杉山清貴&オメガトライブ」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210814_omega_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_omega_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_omega_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_omega_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_omega_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_omega_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_omega_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_omega_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_omega_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_omega_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_omega_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画