レモンサワー人気で注目 ベロベロおじさんの飲み物だった「焼酎」が市民権を得た3つの理由

いまや男女問わず人気のお酒・チューハイ。しかしその人気は決して昔からではありませんでした。いったい何がきっかけだったのでしょうか。フリーライターの大居候さんが解説します。


ブームは1980年代前半から

 コロナ禍の東京は自宅でお酒を飲む時間が増えました。話題になったのはストロング系チューハイ。支持されたのはアルコール度数が高く、価格が安く、短時間で酔えることでした。

 ストロング系チューハイはウオッカやジンといった「スピリッツ」をベースに割っていますが、昔からのチューハイやサワーは焼酎がベースです。そんなチューハイやサワーが爆発的なブームになったのは、1980年代前半でした。

チューハイ(画像:写真AC)

 このブーム以前、焼酎はおじさんたちが集う居酒屋などで飲まれていたため、ビールや洋酒に比べて、おしゃれなイメージが感じがあまりありませんでした。

 そんな焼酎の消費量が明確に伸び始めたのは1984(昭和59)年頃から。この頃になると、レモンサワーを始め、炭酸水・緑茶などで割ったチューハイやサワーが、若者はもちろんのこと、女子大生の間で人気になっていることが週刊誌などで言及されています。

 焼酎の消費が伸びたのは何よりもその安さでした。酒税の税率が1984年5月に変更され、このときにビールの税率が48.8%とされた一方、焼酎は

・甲類25度:14.4%
・乙類25度:8.7%

と圧倒的に安く、これが値段に反映されていたのです。

 結果、値上げを余儀なくされたビールの売り上げが同月に45.4%、6月に16.6%も減少したのに対して、甲類焼酎は前年度比で65.2%増、6月には48.8%増と猛烈な伸びを記録しています。(『朝日新聞』1984年8月7日付朝刊)

 それでも夏になればビールの消費は伸びると期待されましたが、1984年6~8月の売り上げは前年度比11%減と大幅なダウンを記録しました。

 このようになった理由は消費の仕方にもありました。当時、家庭で飲むビールは缶より瓶が主体です。1984年5月以降、ビール各社は税率アップを反映し、大瓶1本の値段を25円値上げした310円としていました。

 当時は、現在のように冷えたものがコンビニエンスストアでいつでも買えるわけではなかったので、20本入りのケース単位が一般的でした。そのため、5月の税率アップまでは5700円で買えていたのが6400円になり、買い控えを誘発したのです。こうして見ると安い焼酎にシフトしたのは、自明の理ともいえます。

薄れた「夏場はビール」の感覚


【1042人が選んだ】人気「レモンサワー缶」ランキング

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210628_shochu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210628_shochu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210628_shochu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210628_shochu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210628_shochu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210628_shochu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210628_shochu_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画