女性アイドルの夏ソングに「恋愛もの」が少なくなった理由

2020年も夏はすぐそこ。これまで夏を歌った多くありますが、今回は女性アイドルに絞って、その変遷を取り上げます。解説は社会学者で著述家の太田省一さんです。


女性アイドル歌手に似合う季節は?

 2020年も6月に入り、季節はそろそろ夏。それぞれの好みはあるかと思いますが、

「女性アイドル歌手に似合う季節は?」

と聞かれ、「夏」と答えるひとは少なくないのではないでしょうか。

2011年発売、夏っぽさ満載のAKB48「Everyday、カチューシャ」(画像:キングレコード)

 そこで今回は歴代の女性アイドルが歌ってきた夏ソングを、網羅とはいきませんができるだけ幅広くふれてみたいと思います。

本土復帰前の沖縄から来たアイドル

 まずはやはり、南沙織のデビュー曲「17才」(1971年発売)です。

1971年発売の南沙織「17才」(画像:ソニー・ミュージックダイレクト)

「誰もいない海」というフレーズから始まる、初々しい夏の恋愛ソング。

 1970年代、小柳ルミ子、天地真理とともに「新三人娘」のひとりとして活躍した南沙織は沖縄出身で、長い黒髪につぶらな瞳、日焼けした肌というルックスもそれにぴったりでした。

「17才」は、後に森高千里もカバーしてヒット。アイドルソングのスタンダードになりました。

 ちょうど南沙織がデビューした頃、国鉄(当時)の「ディスカバー・ジャパン」キャンペーンが始まっていました。

 高度経済成長で豊かになった日本人の旅行熱の高まり、東京~大阪間を結ぶ東海道新幹線の開通など鉄道網の整備を背景に、日本各地の魅力を旅で再発見しようというコンセプトでした。

 ただ沖縄は、南沙織がデビューした時点ではまだ本土復帰前。地理的にだけでなくそういう意味でもまだ遠さを感じる場所でした。しかしだからこそ、その沖縄から東京へやってきたアイドルとして、南沙織は特別な存在でもあったのです。

都心のシティーホテルを彷彿とさせる曲


【調査結果】2019年「サマーソング」ランキング、あなたのお気に入り曲は入ってる?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画