2020年入学「都内大学生」の本音レポ コロナ禍の1年、ぶっちゃけどうだった?

新型コロナウイルス感染拡大のなか、2020年に東京の大学に入学した学生たちはどのように過ごし、どのような気持ちを抱いたのでしょうか。当事者がつづります。


想像していた大学生活とは程遠かった

 2020年、私は東京の大学へ進学しました。私の想像していた大学生活は、

・新しい友人と出会い、授業やサークルを楽しむこと
・さまざまなアルバイトに挑戦すること
・ずっと夢だった海外旅行に行くこと

でした。しかし、実際に過ごした1年間はそれとは程遠いものでした。

大学の教室のイメージ(画像:Pixabay)

 まず、初めて大学に足を踏み入れたのは、入学から3か月たった7月下旬の健康診断でした。自宅でずっとオンライン授業を受けていたため、知り合いは全くいない状態。そのため、右も左も分からず、誘導されるがまま淡々と作業をこなすように行いました。

 私は教員免許の取得を考えています。学校には9月下旬の後期授業が始まったと同時に週3回通えるようになったものの、1日1コマ。もちろん、ほかの授業はオンラインのため、教職の対面授業とオンラインで行われている少人数の授業との差は何なのか、疑問を抱いきました。

 対面で行う授業は、オンラインでは分からない先生の表情を読み取れたり、授業の前後に分からない部分を質問できたりと、これまでよりも有り難さを感じ、ひとつひとつの授業を大事に取り組みました。

 しかし、同時に不安も抱えていました。

バイトの面接すら受けられない状況


【図表】2020年度「中退データ集」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210808_report_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210808_report_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210808_report_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210808_report_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210808_report_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210808_report_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210808_report_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画