「1つ2000円の高級アボカドを売ってみせる!」 テレビ局出身39歳社長が手掛ける一風変わった通販サービスとは

2021年11月30日

ライフ
ULM編集部

日本各地にある、まだ知られていない魅力的な名産品や生産者を紹介するECサービスが2021年12月にスタートします。流通品と比べてだいぶ値の張る商品を、どのようにして消費者にアピールするのでしょうか。


安くて良いものがたくさんある時代に

「安かろう悪かろう」という慣用表現がすでに過去のものになった現代。安くて高品質なものがいくらでも手に入る今、日本各地の名産品をあえて“適正価格”で紹介するECサービスが、2021年12月5日(日)にスタートします。

 第1回目に登場するのは宮崎県の国産アボカド。1玉なんと2000円もするのだとか。超高級品とも言えるこの商品を、一体どのようにして消費者にアピールするのでしょうか。

港区のベンチャー企業が各地をつなぐ

 ECサービスの名前は「日本全国・地産伝承 いき物語」。訪日外国人客を対象にした観光案内サイトなどを展開する、EXest(港区三田)が運営します。

EXest社長の中林さん(画像:EXest)

 毎月1回程度ライブ配信を行う予定で、第1回目は宮崎産アボカドの生産者である「横山果樹園」(宮崎市)代表の横山洋一さんと、九州食品通販サイト「やお九州」(同市)の服部学さんが出演。化粧箱に入れて販売するブランド品種「ひなたプリンセス」をはじめ、丹精込めた自慢のアボカドを紹介します。

 第2回(2022年1月末)以降も山梨や北海道、新潟など、各地の名産品とその生産者たちが登場予定です。

 各回とも、系列を超えた各地方テレビ局が独自の取材網を生かして地元の名産品と生産者をチョイス。それぞれの産地に根ざして生きる思い、生産へ行きつくまでのストーリーや生きざま、またそのリアルな息遣いなどを丹念に伝えていくというのが、「いき物語」最大の特徴です。

持続的に商品が売れる仕組みづくりを


【画像】販売予定の「高級アボカド」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211127_ikimono_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211127_ikimono_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211127_ikimono_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211127_ikimono_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211127_ikimono_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211127_ikimono_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画