SNSで一躍話題に! 松屋「シュクメルリ鍋定食」が牛丼顔負けの大ブームになったワケ

外食チェーン・松屋で近年SNSを中心に人気になったメニューと言えば、ジョージア料理の「シュクメルリ」です。その要因について解説します。


「シュクメルリ」とは何か

 東京練馬区で創業され、お手頃価格の牛めしやカレー・定食を豊富にそろえる松屋。全国に約960店舗を置き、都内だけでも400超の店舗を構えます。その松屋が、2021年1月から2月にかけて期間限定で復刻販売したメニューが、「シュクメルリ鍋定食」。「シュクメルリ」という聞きなれない名前のこの料理は、ロシアやトルコに接する国・ジョージア(グルジア)の鶏肉を使った伝統的な煮込み料理です。

「シュクメルリ鍋定食」(画像:松屋フーズホールディングス)

 もともと2019年12月の店舗限定販売から始まったメニューですが、SNSを通じて反響を呼び、翌月の2020年1月から全国展開を開始。さらに、同年6月に開催された「第2回 松屋復刻メニュー総選挙」で1位を獲得し、2021年1月に復刻を果たした人気メニューです。

 松屋のヒットを契機に、コンビニでシュクメルリの商品が登場したり、レシピが本やインターネット上のメディアで紹介されたりするなど、その人気は広がりを見せました。

 ジョージア料理はもちろん、「シュクメルリ」という名前もほぼ日本では知られていなかったであろうにもかかわらず、ブームを巻き起こした松屋のシュクメルリ鍋定食。なぜ、このメニューが一躍人気となったのでしょうか。その理由を、SNSを中心とした広がりやコロナ禍の状況という観点から考察していきます。

「シュクメルリ」は日本になじみがあった?


【地図】「ジョージア」の位置

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210727_shkmeruli_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210727_shkmeruli_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210727_shkmeruli_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210727_shkmeruli_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210727_shkmeruli_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210727_shkmeruli_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210727_shkmeruli_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210727_shkmeruli_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画