恋愛都市「東京」 男女の合コン文化は40年でこう変遷した

男女の出会いの場として頻繁に行われている合コン。その歴史について、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


合コンはかつて「合ハイ」と呼ばれていた

 2020年代の今でも、男女の出会いの場として夜な夜な開催されている「合コン」。数年前に流行った「街コン」など、時代によってさまざまな変化球があるものの、飲み会などの理由で男女が集い、新しい出会いを求めるという形態は変わりません。

合コンのイメージ(画像:写真AC)

 合コンが始まったのは1980年代前半だと言われており、突如発生した文化ではありません。それまで出会いのスタンダードだった「合ハイ(合同ハイキング)」が進化して生まれたのです。

 大学が大衆化した1960年代以降に普及した「合ハイ」。当初はしっかり山に出掛けていましたが、1980年代になるとその形態は大きく変化しました。

 当時の若者雑誌の定番である『平凡パンチ』(1980年6月9日号)に掲載された「東京全大学合ハイ新相関地図」は、都内の大学を対象に「頻繁に合コンをする大学」の相関図を描く企画。ここでは、慶応大学の「ソビエト研究会」と大妻女子短大国文科との合ハイに密着しています。

 当時の若者雑誌の編集部は、大学生の「バイトくん」が何人も詰めています。企画を立てた彼ら自身が周りの友人を集めればいいので、こうした取材もしやすかったそうです。

ライブハウスでの飲み会は定番だった


【東京デート】調査で判明! 都内のおすすめデートスポットTOP10

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200122_gokon_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200122_gokon_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200122_gokon_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200122_gokon_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200122_gokon_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200122_gokon_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200122_gokon_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画