東京のスーパー銭湯はいつから増えたのか? 「大江戸温泉物語」9月閉館を機に考える

先日、「東京お台場 大江戸温泉物語」が閉館するニュースは大きな話題を呼びました。今回はそれを気にスーパー銭湯の歴史について、フリーライターの真砂町金助さんが解説します。


1980年代に東海地方で誕生

 東京の観光名所として長らく親しまれてきた「東京お台場 大江戸温泉物語」(江東区青海)が2021年9月5日(日)に営業を終了、閉館します。

江東区青海にある「東京お台場 大江戸温泉物語」(画像:(C)Google)

 同館は江戸情緒を楽しめる、単なる銭湯にとどまらない観光施設として、内外から数多くの人を集めてきました。また格安な宿としても知られており、上京の際に利用した人も少なくないでしょう。

 東京にはほかにも大規模なものから小規模なものまで、多くのスーパー銭湯が存在します。

 スーパー銭湯は公衆浴場の一種ですが、法律上は一般的な銭湯とは異なる「その他の公衆浴場」に分類されます。

 発祥ははっきりしていませんが、従来の銭湯と健康ランドの中間の存在として1980年代に東海地方で誕生し、数を増やしたとされています。

 前述のようにスーパー銭湯は公衆浴場に分類され、営業の制限される住宅地でも問題なく開業できます。そのため土地を所有している企業が新たなビジネスとして考案したと考えられます。

 その後、コンピューターによる自動制御の導入でコストが押さえられるため、新規参入が相次ぎましたが、そのルーツは今となってはわかりません。

 東海地方で急速に店舗数を増やしたスーパー銭湯ですが、1990年代に入ると関東に進出。この記事を書くにあたって調べたところ、関東初のスーパー銭湯は1992(平成4)年にオープンした「湯の森 所沢」です。その後、東京周辺の地域で店舗数が増え1998年に葛飾区に「クアーズ旭」がオープンしています。

 スーパー銭湯にはさまざまな業者が参入しており、1997年には埼玉県大宮市(当時)の新幹線高架下にJR東日本都市開発が運営する「極楽湯 大成店」がオープンしています。

スーパー銭湯ブームが遅かった都心


【図表】スーパー銭湯、4人に1人は「月1回以上」利用、施設好きは若年男性と高齢女性だった!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210718_super_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210718_super_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210718_super_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210718_super_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210718_super_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210718_super_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210718_super_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210718_super_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210718_super_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210718_super_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210718_super_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210718_super_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210718_super_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画