磯野貴理子さん離婚 「子ども欲しい」は残酷だが、ある意味「賢い」発言のワケ

タレントの磯野貴理子さんの離婚が波紋を呼んでいます。離婚の理由は24歳年下の夫から「子どもが欲しい」と言われたから。世間では批判の声も多いこの離婚理由について、夫婦問題カウンセラーの高草木陽光さんが、見解を語ります。


ネット上に寄せられる悲痛な声

 先日、タレントの磯野貴理子さん(55歳)が、フジテレビ系の番組「はやく起きた朝は…」のなかで、24歳年下の夫と離婚したことを明かしました。

 離婚の理由は、夫から「自分の子どもが欲しい」と言われたから。SNS上などでは「子どもはできないと分かって結婚したのにひどい」「女性としてこの離婚理由は悲し過ぎる」といった声が上がっています。

「子はかすがい」なのか(画像:写真AC)

 私は、夫婦問題カウンセラーとしてさまざまなカップルの相談を受けています。そんな私も、このニュースを聞いたとき、元夫の男性の発言は「心ない」「無神経」だと感じました。

 このカップルにどのような事情があり、男性が貴理子さんに対してどのような言い方をされたのか正確にはわかりませんが、「子どもが欲しいから離婚して欲しい」というのは、残酷な言葉だと思います。

 しかし、落ち着いて考えてみると、「賢い離婚理由だな」とも思うのです。

 元夫の男性は、「どうしても離婚がしたかった」のでしょう。そのために、妻が「言い逃れできない離婚理由」を用意していたのだと思います。

 ふたりの事情や貴理子さんの性格を考え、「ノーと言えない離婚理由」として提示されたのが「子どもが欲しいから」だったのではないでしょうか。

 貴理子さんの年齢を考えると、現実問題として、子どもを授かることは難しいでしょう。いくら「イヤだ」と言っても無理なものは無理なわけです。実際、貴理子さんは離婚を報告した番組のなかで、「あっ、そうかそうか。そらそうだと思って(離婚を受け入れた)」と語っています。

 実は、私のところに「離婚がしたい」と相談にいらっしゃる方にも、離婚理由は「本心を正直に言ってはいけない」とアドバイスしています。「嘘をつけ」とまでは言いませんが、相手の感情を逆なでしない「建前の離婚理由」を用意することが、スムーズな離婚には必要なのです。

「成長し合える関係になりたい」と語った妻、その本音は……


離婚がテーマの「カードゲーム」制作プロジェクト、クラウドファンディングで開始!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/06/190531_kiriko_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190531_kiriko_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190531_kiriko_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190531_kiriko_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190531_kiriko_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190531_kiriko_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190531_kiriko_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_kiriko_01-150x150.jpg

New Article

新着記事