「作業が行き詰まったら温泉へ」 今後、旅先での仕事がイケてる時代が来るかもしれない

新型コロナウイルスやテレワーク拡大を背景に、政府が「ワーケーション」の普及を推進しています。仕事(work)もしながら休暇(vacation)を楽しむ、というこの施策、批判がある一方で思わぬメリットもあるのだそう。実践経験のあるライター鳴海汐さんが解説します。


突如現れた「ワーケーション」という言葉

 新型コロナウイルス感染拡大の波が再び到来するなか、政府から「ワーケーション」の提案がありました。ワーケーションは、観光地など旅先で仕事をする働き方で、仕事(work)をしながら旅(休暇、vacation)も楽しもうというもの。

 テレワークができない職種の人々の反応は冷ややか。できる人であっても、「仕事は仕事、旅行は旅行。しっかり分けたい」「どっちつかずで中途半端になりそう」といった声が、テレビから流れてきます。

 もちろん旅行だけを純粋に楽しめる方がいいには決まっています。しかし有給休暇が取得しづらい人が多い日本です。2020年春、新型コロナの影響でテレワークに踏み切った会社が続々と現れた際、1年後くらいにはワーケーションをする人が増えるだろうと筆者は確信したところでした。

 ライターは、特にワーケーションを実践しやすい職種です。これまで国内外で実践してきた経験から、そのメリットをお伝えしたいと思います。

仕事と旅、両方を一度に行う「ワーケーション」。実践して分かったメリット・デメリットとは(画像:写真AC)

 まずは、意図せずワーケーションになってしまった経験です。

 家族で近場の温泉旅館に1泊する予定がありました。出発の朝、締め切りが1週間ほど後のはずの仕事がなんとなく気になり、念のため締め切りを確認したら、翌日の昼が締め切りと判明。しかもボリュームのある仕事でした。めったにない大きな勘違いに冷や汗でしたが、取りあえず出発。

やってみて分かったメリット


【画像で分かる】そもそも「ワーケーション」って何?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200808_workation_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200808_workation_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200808_workation_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200808_workation_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200808_workation_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200808_workation_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200808_workation_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画