新型コロナで不安な今こそ必要? リゲイン「24時間戦えますか」の歌声をもう一度

1989年5月から人気に火が付いた栄養ドリンク「リゲイン」のCM。そのCMの背景について、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


1989年5月にすべては始まった

 東京の街は今、いささか沈んでいます。新型コロナウイルスの影響でイベントが中止になったり、外国人観光客が減ったりして、経済の先行きに不安が募っているためです。

 もちろん、不安になっているだけではどうしようもありません。「いずれコロナも終息する」「むしろ停滞している今こそがビジネスチャンス」など、苦境の中に希望を見いだそうという人もいます。

 でも、まだまだ足りません……なにが足りないかといえば、「頑張ろう」という活力です。

 筆者(昼間たかし。ルポライター)はそんなことを考えていたら、大ヒットしたあるCMソングを思い出しました。今でも大勢の人が歌えるであろう、三共(現・第一三共ヘルスケア)の栄養ドリンク「リゲイン」です。

現在の「リゲイン」のウェブサイト(画像:第一三共ヘルスケア)

 多くの人が、もう一度味わってみたいと思っているであろうバブル時代。その時代を象徴するアイテムとなったリゲインが発売されたのは、1989(平成元)年4月のことでした。

 発売後、5月末に商品プロモーションは活発化します。みんな大好きなあの曲がCMで繰り返し流れるようになったのです。

 ♪黄色と黒は勇気の印、24時間戦えますか♪

企業の運動会でも流れた


【画像】リゲイン初代CMキャラクター・時任三郎さんの現在の姿を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200311_regain_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_regain_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_regain_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_regain_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画