西東京の民謡「棒打ち唄」とは何か? 麦を打つビートに乗せた農民たちの思いに迫る

西東京を代表する民謡「棒打ち唄」。その歴史について、編集者・ライターの小野和哉さんが解説します。


昭和中期まで存在した脱穀法

♪荻窪田圃(たんぼ)は 海なれば 釣竿(ざお)に 針つけあの娘(こ) 釣り出す

 杉並区宮前出身の民謡研究家・竹内勉(1937~2015)が採集した「棒打ち唄」という民謡の歌詞の一節です。「荻窪田圃」は、中央線荻窪駅西寄りにあった田んぼのことで、大正時代に区画整理でなくなってしまったそうです。「海」という比喩からも、広大な水田地帯であったことがうかがわれます。中央線沿線ではちょっとおしゃれな雰囲気すらある荻窪に田んぼがあったなんて、誰が想像できるでしょうか。時代は変われど、書物やレコードに記録された「唄」が、在りし日の「東京」の姿を思い起こさせてくれます。

 さて今回の記事で取り上げたかったのが、この西東京を代表する民謡である「棒打ち(ボーチ)唄」(麦打ち唄とも)です。

「棒打ち」の実演(画像:小野和哉)

 東京の古い民謡について調べてみると、必ずこの「棒打ち唄」について多くのページが割かれています。同種の歌は、北は埼玉県北足立郡から、南は神奈川県の高座郡から厚木市まで分布していたようです。特に東京においては、多摩地方でよくうたわれていたようです。

 棒打ちというのは、麦の脱穀の際に行う作業のこと。天日に干しておいた麦を庭先に広げ、複数の人間が向かい合って並び、「くるり棒(連枷・唐棹)」と呼ばれる竹製の道具を回し、麦の穂をたたいて麦粒を落としていきます。このような昔ながらの脱穀法は、大正時代に足踏み輪転機と呼ばれる道具が登場し、さらに機械式農具が普及する昭和中頃まで行われていたそうです。

 棒打ちが行われる時期は6月。カンカン照りの日中に行われるため過酷な作業となります。打ち手の息を合わせるため、また作業のつらさを少しでもまぎらわすため、麦を打ちながらうたわれたのが「棒打ち唄」です。

唄を通じた色恋の駆け引き


【画像】110年前の「荻窪駅」周辺の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210829_bou_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210829_bou_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210829_bou_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210829_bou_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210829_bou_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210829_bou_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210829_bou_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210829_bou_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210829_bou_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210829_bou_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210829_bou_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画