学校経営と学生レベルは両立できる? 早大系属校「早稲田実業」が定員削減に踏み切ったワケ

有名私大の定員厳格化で付属校などへ注目が集まるなか、早稲田実業学校がこの度、中高等部の募集定員の削減を決定しました。その背景にあるものとは。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


早実の定員削減の衝撃

 私立大学の定員厳格化や総合型選抜(旧AO入試)、学校推薦型選抜(旧推薦入試)枠の拡大で、近年、一般入試で有名私立大学に入ることが難しくなっています。

 また、都内の有名私立大学は付属校や系列校を持つ大学も多いため、中学受験や高校受験で早めに「大学入学手形」を得るといった動きもあります。

 2021年度の中学受験で、有名私立大学付属校の人気はやや落ち着いたものの、大学入試の難化を考えると、中学受験で早々と手を打つことは選択肢のひとつになりつつあります。

 そんななか、早稲田大学(新宿区戸塚町)の系属校である早稲田実業学校(国分寺市本町)は2022年度入学者試験から、中等部・高等部の募集定員の削減を決定しました。

国分寺市本町にある早稲田実業学校(画像:(C)Google)

 結果、中等部の定員は「男子85人、女子40人」から「男子70人、女子40人」に、高等部の定員は「男子80人、女子40人」から「男子50人、女子30人」となり、スポーツ、文化分野、近隣公立校からの推薦入試の定員も20人減らします。

 また、早稲田摂陵中学校・高等学校(大阪府茨木市)も2021年度から中学部の募集停止を行っています。

 しかし他の有名私立大学付属校ではこのような思い切った定員削減を行っていません。その理由は、都内の子どもの数は増加し、受験ニーズは絶えないからです。

都内の子どもの数は増加している


【図表】早実卒業生の進学先

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210625_waseda_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210625_waseda_06-150x115.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210625_waseda_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210625_waseda_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210625_waseda_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210625_waseda_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210625_waseda_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画