【すぎやま氏 追悼】ドラクエのテーマ曲がいつまでも私たちの耳に残り続ける理由

ドラゴンクエストの音楽の作曲者として世界に知られる、すぎやまこういちさんが9月30日(木)に90歳で死去したことが発表されました。コアなゲーマーとしても知られたすぎやまさんについて、20世紀研究家の星野正子さんが解説します。


ドラクエ以外も名曲がたくさん

 スクウェア・エニックス(新宿区新宿)の公式サイト内『ドラクエ・パラダイス』で、作曲家のすぎやまこういちさんが9月30日(木)に90歳で死去したことが発表されました。

社会現象まで巻き起こしたファミコンの金字塔的ソフト『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』(画像:スクウェア・エニックス)

 すぎやまこういちさんの代表的な仕事といえば、『ドラゴンクエスト』で使われた500曲以上の楽曲です。その遺作も、現在制作中の『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』の楽曲でした。

 ドラゴンクエスト(以下、ドラクエ)の楽曲は多くの世代が口ずさめます。そんな楽曲が生まれたのは、すぎやまさんがゲーム音楽「も」手がける作曲家として、膨大なバックグラウンドを持っていたからです。

 すぎやまさんが手がけた有名な楽曲といえば、

・恋のフーガ(ザ・ピーナッツ、1967年)
・亜麻色の髪の乙女(ヴィレッジ・シンガーズ、1968年)
・学生街の喫茶店(ガロ、1972年)

辺りでしょうか。

 さらに特撮では『帰ってきたウルトラマン』の主題歌、『ゴジラvsビオランテ』の楽曲なども。われわれは人生のさまざまなところで、すぎやまさんの音楽に遭遇していたことを改めて感じます。決してドラクエだけではないのです。

 そんなすぎやまさんの自称は

「(レコードの)B面の王者」

でした。

 前出の「学生街の喫茶店」のように、もともとシングルのB面として発売されたものが次第に人気になり、長く売れたのです。「亜麻色の髪の乙女」も、のちに島谷ひとみさんが歌ってオリコンのランキング入り。ザ・タイガースの「花の首飾り」も、井上陽水さんのカバーで再ヒットしたことで知られています。

 この息の長い曲を生み出す才能こそが、1986(昭和61)年の発売以来、ドラクエの作曲者として信頼を置かれてきた源泉といえるでしょう。

父親はクラシック音楽の愛好家


【画像】18年前のすぎやまこういちさん

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211008_sugi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_sugi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_sugi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_sugi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_sugi_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画