【東京出身タレント名鑑】いじられ芸人アンジャッシュ児嶋(八王子市)が唯一無二のポジションを築けたワケ

多くの俳優やアーティスト、タレントたちを輩出してきた街・東京。そんな東京出身の有名人にスポットを当てて、その人柄や魅力に迫ります。今回紹介するのは、お笑い芸人としてだけでなく俳優としても活躍するアンジャッシュの児嶋一哉さんです。


美しい渡り鳥オオルリの八王子市出身

 近年、さまざまなメディアでお笑い芸人の活躍が目立ちます。

「第7世代」と呼ばれる若手から芸歴20年を超えるベテランまで、年齢やキャリアに関係なく、あらゆるタイプのお笑い芸人が起用されています。近年ますます拍車が掛かるお笑いブームに乗って、主戦場であるバラエティー番組はもちろんテレビドラマやCM、さらには情報番組でコメンテーターや司会を務める強者まで。

 そんな中、ひときわ活躍が目立つお笑い芸人といえば俳優としても頭角を現したアンジャッシュの児嶋一哉さんでしょう。

アンジャッシュの児嶋一哉さん。人気が急上昇し、2021年3月20日には初のエッセイ『俺の本だよ!」も発売(画像:世界文化ホールディングス)

 2020年にはテレビドラマ『半沢直樹』(TBS系)に出演し、“悪徳政治家の右腕的存在の議員秘書”という重要な役を演じました。同作は2013年の前作に続く大人気シリーズであり、物語を左右するポジションであった児嶋さんの演技は高く評価されました。

 彼が所属する大手芸能事務所プロダクション人力舎(都新宿区西新宿)の公式サイトによると、1972(昭和47)年7月生まれの児嶋さんは八王子市出身。

 同市は東京都心から西へ約40キロメートルの距離に位置し、面積およそ186.38平方キロメートル、人口約56万1000人(2020年3月時点)。イチョウ並木やヤマユリの花が有名で、高尾山付近で夏になると見られる青く美しい渡り鳥オオルリは市の鳥として認定されています。

 新宿からJR中央線の中央特快でおよそ38分。通勤・通学にも便利な東京西エリアの主要タウンです。

「児嶋だよ!」はいかにして生まれたか


【もう見た?】児嶋さんがハッピ姿で踊りまくるCM

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210416_kojima_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210416_kojima_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210416_kojima_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210416_kojima_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画