300年以上続いた「三田用水」 飲料から農業、そして工業用水となった波乱の歴史をたどる

かつて300年間もの長きにわたって使われてきた三田用水。その歴史について、フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。


「三田用水」とは何か

 かつて、世田谷区から渋谷・目黒・品川区までの田畑を潤した「三田用水」という用水路がありました。この用水路は1974(昭和49)年に廃止されるまで、なんと300年あまりもの間、使われ続けていたのです。

渋谷区恵比寿南にあった三田用水の高架鉄樋(画像:目黒区)

 三田用水の始まりは、1664(寛文4)年に作られた三田上水です。三田上水は、現在の世田谷区にあたる下北沢村で玉川上水を分岐させ、高輪方面へと流す上水道でした。その目的は、南麻布にあった将軍家の別荘である麻布御殿へ水を送ることでした。しかし、1722(亨保7)年になって廃止されます。

 三田用水普通水利組合が1984年に出版した『江戸の上水と三田用水』によると、その理由は、

・麻布御殿が1702(元禄15)年に火事で焼けて再建されなかったため
・三田上水が地脈を寸断していて大火が頻発するとのうわさが流れたため

というふたつの説があるといいます。

 上水がなくなったことで流域の住民は困りました。そこでときの関東郡代・伊奈半左衛門(伊奈忠順)に嘆願。結果、1724(亨保9)年に三田上水を農業用水として利用することが認められました。こうして上水は、村々を流れた後に五反田付近で目黒川に注ぐ三田用水として復活します。

水量は安定せず、村同士の水争いもぼっ発

 無事に用水は復活したものの、水量が安定していたわけではありません。

 三田用水は江戸という大都市を維持する上で欠かせない存在でした。しかし水が少ない時期には江戸市中へ水を流す方が優先されるため、三田用水への通水は制限されます。取水門を三分開け、二分開けと閉じていき、場合によっては閉鎖されることも。

三田2丁目、中目黒2丁目境にあった茶屋坂隧道(トンネル)。三田用水の下を開削して作られた(画像:目黒区)

 こうなると下流は水が流れずに損をするため、水争いが起こりました。そのようなことを防ぐため、用水を使う14の村では「番水約定」を決め、上流の村が取水した翌日は下流の村、といった形で利用していました。

 一方、大名屋敷などは水を盛大に使っていました。屋敷内に水を流して、庭園の池や滝に使っていたのです。島原藩主・松平主殿頭(とのものかみ)の下屋敷には三段に折れる「千代が池」と呼ばれる滝があったといいます。

用途は農業用水から工業用水へ


【地図】三田用水の流路

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210623_mita_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210623_mita_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210623_mita_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210623_mita_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210623_mita_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210623_mita_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210623_mita_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210623_mita_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画