マツコの発言で一躍有名に セレブが集う港区「天現寺」とはどのようなエリアなのか

タレントのマツコ・デラックスさんがセレブタウンとしてその名を出して注目が集まった港区・天現寺エリア。同エリアの歴史について、ライターの近藤ともさんが解説します。


マツコも注目するエリア

 恵比寿と広尾から少し離れたところに、天現寺(港区)というエリアがあります。このエリアは、タレントのマツコ・デラックスさんがテレビで

「(エルメスの)バーキンを持ってヒールの高い靴を履き、犬を連れたマダムが300人くらいいる」

と発言したことで、一躍全国に知られるようになりました。

 そんな天現寺ですが、なぜセレブタウンと思われるようになったのでしょうか。その理由と歴史、そしていまを探りました。

ドライバーにはおなじみの名前

 天現寺の名は、自動車に乗る人には以前からなじみがあるかもしれません。

「天現寺入口」は首都高速道路2号目黒線の出入り口(上り方向のみ)で、東京都道416号古川橋二子玉川線(明治通り)に接続しています。歩いているとき、「天現寺」と書かれた方向看板を目にした人もいるのではないでしょうか。ここは「天現寺ランプ」の呼び名でも知られています。

 一方、歩行者にとっては決して便のよい場所ではありません。恵比寿駅からは徒歩で20分ほど、一番近い広尾駅からも5分ではたどりつけず、7~8分ほどはかかります。

首都高速道路2号目黒線「天現寺入口」(画像:(C)Google)

 天現寺と呼ばれているのは、明治通りと外苑(がいえん)西通りが交わる天現寺交差点を中心とした辺りです。

 しかしこの交差点には横断歩道がなく、歩道橋を渡らねばなりません。この天現寺交差点の東南角にあるのが慶応義塾幼稚舎(渋谷区恵比寿)。広尾というセレブの街と幼稚舎の存在が、天現寺を「マダムのいる街」とイメージづけているのかもしれません。

 実際に足を運んでみると歩行者の通行量はわりと少なめで、閑散とした場所です。広尾のほうに行けば聖心女子大学(同区広尾)や有栖川宮記念公園(港区南麻布)があってセレブ感を漂わせる人たちがいるのも確かで、人も多くなります。

 ただし、有栖川宮記念公園方面には大使館や海外製品を多く取り扱うナショナル麻布スーパーマーケット(同)があり、外国人も多く優雅に散歩を楽しむ人が多い反面、聖心女子大学方面の商店街は意外に下町っぽいのが実情です。

近くにはアメリカ海軍管理のホテルも


【地図】「天現寺エリア」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210617_tengen_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210617_tengen_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210617_tengen_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210617_tengen_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210617_tengen_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210617_tengen_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210617_tengen_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210617_tengen_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210617_tengen_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210617_tengen_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210617_tengen_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画