700体の「ひな人形」で出雲・因幡の神話を再現 ホテル雅叙園東京の「百段雛まつり」とは

3月15日まで「ホテル雅叙園 東京」で行われている「百段雛まつり2020 出雲・因幡・萩ひな紀行」を、フリーライターの立花加久さんが取材しました。


来場者数は延べ60万人超

 七つの部屋を99段の階段でつなげた「ホテル雅叙園 東京」(目黒区下目黒)の「百段階段」で、ひな人形の展覧会「百段雛まつり2020 出雲・因幡・萩ひな紀行」が3月15日(日)まで開催されています。

 2020年で11回目を迎えるこの展覧会は、日本各地にある歴史的かつ文化的価値のあるひな人形が集まる全国的にも珍しい展覧会で、これまでの来場者数は延べ60万人を超えます。

「漁樵の間」に飾られている「座敷雛」(画像:立花加久)

 今回は幕末や明治維新の志士たちを生んだ中国地方から、主に江戸から明治にかけて生まれた貴重な文化財的人形が出展されています。

 七つの部屋を下から順番に訪れ観覧するという、独特な空間で繰り広げられる人形絵巻は素晴らしいのひと言です。

炭坑王の「座敷雛」に驚く

 中でも圧巻は、日光東照宮(栃木県日光市)の美術彩色をほうふつとさせる柱や梁(はり)に囲まれた「漁樵(ぎょしょう)の間」に飾られている「座敷雛」です。

「座敷雛」は明治時代に栄華を極めた、福岡県飯塚市の炭坑王・伊藤伝右衛門(1861~1947年)の旧宅の広間で毎年飾られていたひな飾りを再現したもの。

福岡県飯塚市の位置(画像:(C)Google)

「座敷雛」そのものは愛媛県の八幡浜の発祥ですが、飯塚市の「座敷雛」は毎年お題を決め、壮大に飾り付けるのが特徴です。ちなみに今回は、698体もの人形が出雲や因幡の神話の世界を彩っています。

 海外からの来館者も多い人形展の壮大な人形絵巻に、言葉をなくし感涙する人も少なくないと言います。私も眺めているうちに、遠近感覚が次第にあやしくなり、心地よい没入感に包まれました。

目黒なのにアモーレ! カンターレ! マンジャーレ!


【クイズ】99段しかないのに、なぜ「百段階段」?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200212_hina_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画