都内「業スー」の食材で再現! 外食店並みハンバーガーの簡単・激安レシピとは

主婦や節約上手な人たちから絶大な支持を集める業務スーパー、通称・業スー。まだまだ知らない便利でお得、おいしい商品が隠れています。今回紹介するのは、「ファストフード店並みのメニューを再現できる食材」です。


子どもに野菜を食べてもらうチャンス

「ジャンクフード」と聞くと、食べることにちょっと罪悪感を覚える人も少なくありませんが、忙しい日のランチなどにはもってこいのメニューです。子どもがいる家庭などでも重宝するでしょう。

みんな大好き、ハンバーガー(画像:写真AC)



 本記事では、中でもとりわけ“アメリカン”なメニューふたつを取り上げます。ホットドッグと、ハンバーガーです。

 ファストフードチェーン店でもよくお目にかかる両者なので、値頃に済ませるときの外食メニューというイメージが強いかもしれませんが、実は「業スー」こと業務スーパーの食材で簡単に再現できるのです。

 お手軽に作れることに加えて、アレンジも自在に加えられるので飽きがきません。お好みのトッピングのほか、野菜を一緒にサンドすれば、野菜が苦手な子どもも喜んで食べてくれるはず。

 これから紹介するアイテムは全て、東京都内の業スーで買える商品です。都内の業スーでそろえて、家庭でもお店の味を再現してみましょう。

まずはホットドッグの作り方

 まずはホットドッグ。ホットドッグにおける最も重要な要素のひとつがソーセージです。

 業務スーパーのソーセージは非常にバリエーションが多く、選ぶのが大変ですが、今回紹介するものは1kgで460円(税別)という驚異的な安さです。

徳用ウィンナー(画像:Boshiko)



 ほかにも粗挽きや胡椒の入ったものまでさまざまなタイプのソーセージが用意されているので、お好みで選んでみてください。

 ソーセージは、10分ほどボイルするか、またはフライパンで焼いてもOKです。

 続いて使用するパンです。5個入で160円(税別)の安さなので、気負いせずにどんどん使えます。

 具材はお好みで玉ねぎやパプリカなどを入れて、食感にアクセントをつけるとさらにおいしく食べられます。辛さが欲しい人は、ハラペーニョを入れても良いでしょう。

ちょっとアレンジ! ホットドッグ編

 用意したバンズにソーセージを挟んだ後に、お好みでソースをかけて完成です。

 特におすすめなのはフランス産の粒マスタードで、ホットドッグがどこか上品な味付けになります。コスパも上々で300gとぎっしりつまって178円(税別)です。

 そのままソーセージにつけて食べるだけでも充分におつまみとして成立しますが、サラダや炒めものなど幅広く利用できるので、自分なりの使い方を探してみてください。

 シンプルなホットドッグもアレンジひとつでさまざまな味が楽しめます。

 ちょっと変化をつけたい人は炒めた合いびき肉を用意し、レトルトカレーをかけてみましょう。

 カレー風味の合いびき肉をたっぷりかけたホットドッグはひと味違ったおいしさです。

続いてハンバーガーの作り方

 さて続いては、ハンバーガーの作り方です。

 まずはハンバーグを用意する必要がありますが、冷凍のものが安くて保存も利くのでおすすめです。

 業務スーパーには数種類のハンバーグがありますが、後から味付けを行うのでプレーンなものを用意しましょう。

 今回紹介するのは飽きのこないシンプルなハンバーグで、ハンバーガー以外にもさまざまな料理に使えます。

 ある程度弾力があるので、煮込みハンバーグにしても型くずれしません。

 具材を挟むバンズは、122円(税別)で6個入というコスパの良さもさることながら、最初から切れ目が入っているのでハンバーガーの以外にもあらゆる調理パンに対応します。

調理バンズ(画像:Boshiko)



 軽くオーブントースターで焼くか、レンジで温めるのがおすすめです。

 具材はレタスや玉ねぎ、トマトなどお好みで投入します。

 好みは分かれるところですが、ひと切れ乗せるだけでグッとハンバーガーらしさが増して非常に良いアクセントになるトッピングといえば、やっぱりピクルス。

 業スーの商品であるディルピクルスの「ディル」とはハーブを指します。風味がよくパリッとした食感が特徴で、ワインやビールなどお酒のおつまみとしても活用ですきます。

ちょっとアレンジ! バーガー編

 本格的なタルタルソースにしても、刻んで炒めものに使用しても良さそうです。安価な上に大容量なので、常備菜として常に冷蔵庫へストックしておきたい一品です。

ディルピクルス(画像:Boshiko)



 定番のアレンジですがチーズをのせるだけで、ただのハンバーガーがちょっと豪華に変身します。

 チーズにもいろいろな種類がありますが、今回はハンバーガーにぴったりのオレンジ色のチーズを紹介します。

 クセのある香りが特徴で、非常に存在感のあるチーズです。サンドイッチやトーストにも好相性ですが、鮮やかなオレンジ色を活かしてサラダに彩りを加えても良さそうです。

付け合わせも加えて豪華に

 最後に付け合わせにおすすめのポテトを紹介しておきます。

フライドポテトナチュラルウェッジ(画像:Boshiko)



 ハンバーガーやホットドッグの付け合わせとしては定番のメニューでしょう。

 ハンバーガーの付け合わせにはスティック状のポテトが一般的ですが、今回は皮付きで厚めにスライスされたものを紹介します。

 冷凍のポテトですがパサつかずしっとりしており、ホクホクとした芋の食感が楽しめます。

 オランダから直輸入で1kg195円(税別)のお買い得品です。同じシリーズでスティック状の商品の取り扱いもあるので、好きな方を選んでください。

自宅で新鮮、手作り体験

 ホットドッグやハンバーガーは多くの人にとってファストフード店で食べるもので、自宅で作る機会は少ないはずです。

お得で何でもそろう業務スーパー(画像:ULM編集部)



 機会が少ないからこそ、たまに自宅で作ってみるととても新鮮な体験ができます。

 ある程度材料がそろっていれば、非常に簡単で手間もかかりません。

 ダイエット中だったり、カロリーが気になったりという人も、なぜか無性にジャンクフードが食べたくなるときがあるはず。どうせ食べるなら、思いっきり楽しみましょう。


【画像ギャラリー】今回使った食材を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210621_gyousu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210621_gyousu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210621_gyousu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210621_gyousu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210621_gyousu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210621_gyousu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210621_gyousu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210621_gyousu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210621_gyousu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210621_gyousu_06-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画