治安が悪いって言ったの誰? 「住みたい街」に大変貌する足立区を支える強固な草の根活動

ネガティブなイメージで語られがちな東京・足立区。しかし近年「住みたい街」1位に輝くなど、その変貌が注目されています。背景にはいったい何があるのでしょうか。文教大学国際学部准教授の清水麻帆さんが解説します。


犯罪は減少、地域愛は増加

 東京都の区部北東部に位置する足立区――。皆さんはそんな足立区にどのようなイメージを持っているでしょうか。

東京都足立区(画像:(C)Google)

 犯罪や貧困が多いなど、ネガティブなイメージのある人もきっと少なくないでしょう。しかし近年は老若男女が集まる活気ある街に生まれ変わりつつあり、イメージは飛躍的に向上しています。

 例えば区内の北千住は、「SUUMO住みたい街ランキング2021 関東版」の「穴場だと思う街」で2015年から2021年まで7年連続、1位に選出されています。

 また、足立区住民の意識に関しても、世論調査で同様の結果が得られています。足立区民の約ふたりにひとりは足立区を誇りに思っており、区民による足立区への評価も以前に比べて格段に上がっています。

 実際、区内の犯罪件数(刑法犯認知件数)はこの20年間、減少傾向が続いています。2001(平成13)年の件数は1万6800件を超えていましたが、2020年には3693件まで減っています。前年よりも約1000件以上減少し、2年連続で戦後最小の件数となりました。

 なお犯罪件数の多さは23区中19位で、人口比にすると9位。つまり、23区内で犯罪数が一番多いわけでもなく、むしろ以前の状況を勘案すると健闘しているのです。

 それは区民の意識調査にも表れています。2012年には「治安が良いと思う」割合が「治安が悪いと思う」を超え、それ以後「治安が良い」と思う住民の割合は増加し、2020年には60%以上に達しています。

 つまり、2012年を契機に犯罪件数の低下だけでなく、街に対する住民の意識や体感も転機を迎え、劇的な変化が見られます。

レシピ本にもなった足立区の給食


【グラフ】足立区「犯罪件数」の推移

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/200618_adachi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/200618_adachi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/200618_adachi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/200618_adachi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/200618_adachi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/200618_adachi_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画