北千住の神髄は「路地」だった? 老若男女を優しく包む下町の古くて新しい魅力とは

地域の歴史や文化、そこに行かないと味わえない食べ物など、東京の「地元」を再発見するまち歩きシリーズ。案内人は、都市文化探検隊員のたまきち川たまきちさんです。


路地・裏路地が魅力的な北千住

 北千住は、日比谷線から半蔵門線、千代田線、つくばエクスプレスまでアクセスできる便利な街です。今回はそんな北千住の歴史ロマンを感じながら、過去から現在までの文化が交差する風景を歩きます。

 北千住は歴史的に日光街道の宿場町として栄えた街で、

・千住宿
・板橋宿
・内藤新宿
・品川宿

を指す江戸四宿(えどししゅく)のひとつで、京都のように細長い「うなぎの寝床」や狭い路地が多く現存しています。

北千住の細い路地(画像:たまきち川たまきち)

 このような背景には江戸時代、家屋の「間口」に税金がかけられていたことがあります。間口を広く取った分だけ税金が高くなるため、住民たちはできるだけ狭くしたのです。そして路面には店、その後ろには住居、奥には蔵といったように、家屋の後ろ部分を細長くする構造を取りました。

 蔵を持つような商家は、今でいう賃貸住宅をその後ろに建てました。そのようなことから、北千住には路地が多くなったと言われています。

 そんな路地や裏路地が、現在の北千住の魅力になっています。路地を探検すれば「こんなところにこんなお店が!」と新たな発見にワクワクします。

 近年は会員制交流サイト(SNS)やインターネットで容易に情報を得られますが、そうしたものを見ずに路地を探検すると、今まで出会わなかったような楽しさが増すかもしれません。

「東京三大煮込み」の店も


【かつては宿場町】明治初期「北千住」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_19-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210414_kita_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画