現役志向が高まる大学受験! でも医学部だけは「多浪」が増加しているワケ

大学受験の現役志願率が過去最高となるなか、医学部の「多浪」が増えています。いったいなぜでしょうか。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


浪人生の割合は減少

 独立行政法人大学入試センター(目黒区駒場)が12月7日(火)、2022年1月15日(土)、16日に行われる「大学入学共通テスト」の確定志願者数を発表しました。

 志願者数は

・53万367人

で前年度より4878人減少したものの、現役志願率は45.1%と過去最高を記録しました。

 その一方、既卒生は前年度より4222人少ない、

・7万6785人

と減少傾向が続いています。

医学部生のイメージ(画像:写真AC)

 センター試験から大学入学共通テストに切り替わる節目となった前年度の1万9369人減と比べれば落ち着きましたが、現役志向は確実に強まっています。

 既卒生の出願者数が10万人を割り込んだのは2015年度だったことを考えると、減少はかなりのハイペースといえるでしょう。

 そんななか大学進学率は右肩上がりで、文部科学省の「2020年度 学校基本調査」によると、大学(学部)進学率は過去最高の54.4%記録しています。現状は

「大学進学者は増えても、浪人生の割合は減っている」

のです。この原因が、

・大学数の増加
・少子化

にあることはいうまでもありません。大学数が少なければ激戦となり、浪人せざるを得ないケースが増えますが、その数が増えれば「大学進学」自体のハードルは低くなります。

 文部科学省は、2020年代半ばに受験学年に相当する18歳人口が110万人を割り込むと予想しており、現役志向はますます進むと予想されます。

多浪の割合が増えた医学部


【画像】昭和~令和「大学入学者」の推移

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211218_doctor_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211218_doctor_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211218_doctor_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211218_doctor_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211218_doctor_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211218_doctor_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211218_doctor_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211218_doctor_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211218_doctor_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211218_doctor_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画