「家事をするほど出費が増える」ってどういう意味? 増税後の今こそ見直したい、家計の支出と家事のムダ

消費税増税とは家計にとって、ピンチなのか、チャンスなのか――。「増税は節約意識だけでなく、家事の無駄を見直すための絶好の機会」と持論を唱えるのは、ライターの宮野茉莉子さんです。いったいどういうことなのでしょうか。


よかれと思ってやってる家事が、じつは……

 2019年10月からの消費税増税を受けて、節約を心がけるようになった人も多いのではないでしょうか。家計にダイレクトに響く増税ですが、一方で、この機を「家族に『節約意識』を持ってもらいやすいチャンス」と考えることもできそうです。

 何でもないとき家族に節約を訴えても、「そんなの面倒くさいよ」とあまり響かないもの。増税したばかりの今こそ、家庭内でも節約ムードを高めることができるのではないでしょうか。思いきった節約術も、今なら習慣化しやすいかもしれません。

家計を節約したい人のイメージ(画像:写真AC)

 仕事も、家事も、育児も忙しい現代の生活で節約を実践するには、「家事&支出」をセットにして減らす考え方が最適だというのが筆者からの提案です。

 丁寧な家事は一見よいことのようですが、家事のし過ぎが実は支出を増やしているかもしれないということ、ご存じでしたか? たとえばこまめに掃除機を掛ければ電気代が、毎日洗濯機を回せば水道代と電気代が、手間をかけた手料理を作れば食材費とガス代と水道代が、それぞれ高く付いてしまいます。

 つまり、実は「家事を減らす = 光熱費などの支出を減らす」ことにつながりやすいということを、まずは覚えておいてください。具体的には、次のような家事を減らすと出費を抑えることができます。

具体案:こんな家事を減らして節約


【アンケート調査】時短家事の味方「冷凍食品」、みんなは何が好き? 冷凍庫にいくつ入ってる?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191018_setsuyaku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191018_setsuyaku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191018_setsuyaku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191018_setsuyaku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191018_setsuyaku_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191018_setsuyaku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191018_setsuyaku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191018_setsuyaku_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画