下級武士から総理大臣に大出世! 英語力で成り上がった「伊藤博文」の見事な先見性【青天を衝け 序説】

“日本資本主義の父”で、新1万円札の顔としても注目される渋沢栄一が活躍するNHK大河ドラマ「青天を衝け」。そんな同作をより楽しめる豆知識を、フリーランスライターの小川裕夫さんが紹介します。


名前を変えた渋沢栄一

 NHK大河ドラマ「青天を衝け」は5月9日(日)の放送回から一橋家臣編が始まり、渋沢栄一は一橋家の家臣として奔走しています。

 武士になった栄一と従兄・喜作は、堤真一さんが演じる平岡円四郎から名前を与えられ、栄一は篤太夫(とくだゆう)、喜作は成一郎と改めています。現代では名前を変えることはめったにありませんが、当時は名前を変えることは珍しくありませんでした。

 渋沢を一橋家の家臣に取り立ててくれた平岡は、水戸藩士に暗殺されて生涯を閉じます。一橋家の当主・慶喜は前水戸藩主の息子だけに人間関係・敵対関係は複雑ですが、当時は細かな思想の対立が大きなひずみを生じさせていたのです。

 しかし、人の考え方はわりと簡単に変わります。それまでの渋沢は攘夷(じょうい)を主張し、幕府を倒そうと仲間とさまざまな画策をしています。そのため、一橋家に仕えたときには心変わりをしたと仲間からなじられました。

 当時、攘夷を強硬に主張しながらも、翻意したのは渋沢だけではありません。明治新政府で要職を占めた政治家たちの多くは、もともとは攘夷思想を抱いていました。そこから考えを転換させています。

外国の軍艦に軍事力にたじろいだ伊藤博文

 6月6日放送回では、山崎育三郎さんが演じる伊藤博文と福士誠治さんが演じる井上馨がイギリスの外交官と英語で交渉をする場面が冒頭で描かれました。

2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』のウェブサイト(画像:NHK)

 長州藩の下級武士として育った伊藤は、松下村塾で学ぶとメキメキと頭角を現します。そして、井上などとともにイギリス・ロンドンに留学。ロンドンまでの道中では、さまざまな国の港に寄港し、伊藤や井上は外国を自分の目で見て貪欲に新しい考え方を吸収しようとしました。

 最初の寄港地である上海で、伊藤と井上は港に並ぶ軍艦を見て腰を抜かしました。そして、諸外国との軍事力の差を痛感。

 このまま攘夷をつづけても、日本は文明・文化の面で諸外国に後れをとるばかりだと考え始めます。諸外国、特に西洋諸国に追いつくためには、開国して海外の技術や文化を積極的に受け入れるべきだと考えを改めたのです。

 攘夷から方針転換した伊藤は、諸外国の書物を読みあさるために語学の勉強に精を出しました。

流ちょうな英語で総理大臣になった伊藤


【事前にチェック】大河ドラマ館がオープンした「北区・飛鳥山」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210612_ito_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_ito_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_ito_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_ito_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_ito_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_ito_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_ito_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_ito_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_ito_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_ito_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_ito_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_ito_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_ito_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画