いくつ覚えてる? 日本から消えた「ファストフードチェーン」の数々

東京にはこれまで、数多くのファストフードチェーンが生まれ、そして消えていきました。その歴史について、ライターの橘真一さんが解説します。


東京から消えたチェーン

 誰もが知るファストフードチェーンが、東京の街から消える……。過去にそんな現象が何度も起きています。

 例えば、いろいろな街に当たり前のようにあったハンバーガーチェーン「バーガーキング」、同じく「ウェンディーズ」の店舗が21世紀のあるとき、完全になくなってしまったのです。

 もちろん、超常現象が起きたのではありません。アメリカ生まれのふたつのチェーンが、経営上の理由で日本から撤退したというのがその理由です。ただし、バーガーキングとウェンディーズは、のちに日本に再上陸したため、私たちはまた、「ワッパー」や「ウェンディーズバーガー」を手軽に食べることができるようになりました。

 といっても、これは珍しいケースで、営業がストップしたまま復活することのないファストフードチェーンは数多くあります。

世界最大のドーナツチェーンが完全撤退

「クリスピー・クリーム・ドーナツ」の日本1号店(現在は閉店)が新宿サザンテラス(渋谷区代々木)に登場したのは2006(平成18)年。以降、全国展開されることで、「ミスタードーナツ」と並ぶ、日本におけるドーナツ界の2強を形成しています。

ファストフードチェーンといえばハンバーガー(画像:写真AC)

 しかし、かつてはもうひとつの大手がありました。それが1970(昭和45)年に銀座に1号店がオープンした世界最大のドーナツチェーン「ダンキンドーナツ(現在、海外ではダンキン)」です。

 本国アメリカでミスタードーナツは、ダンキンドーナツから独立して生まれたチェーンで、しかも、1990年にダンキンドーナツに買収されています。つまり、

ダンキンドーナツ > ミスタードーナツ

という構図なのです。

 ところが、日本に限っては事情が異なり、ダスキン(大阪府吹田市)が運営した後発のミスタードーナツがシェアを大きく広げたため、劣勢に立ったダンキンドーナツは1998年に消滅してしまいました。

日本マーケットの特殊性


【画像】日本一辛い調味料を使った「ハンバーガー」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210120_chain_006-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210120_chain_007-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210120_chain_008-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210120_chain_009-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210120_chain_010-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210120_chain_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210120_chain_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210120_chain_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210120_chain_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画