少数精鋭で独自路線 ミッション系最難関「上智大学」とはどのような大学なのか

ミッション系大学の中で最難関とされる上智大学。その歴史は意外にも苦難との戦いでした。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


ミッション系の雄だが最古参ではない

 上智大学(千代田区紀尾井町)は、ミッション系大学の中で最難関大学とされています。そのため、創立も古く歴史ある大学と思われがちです。

上智大学の外観(画像:写真AC)

 しかしその誕生は、同じくミッション系大学である1874(明治7)年創立の青山学院大学(渋谷区渋谷)と立教大学(豊島区西池袋)の約40年後で、最古参ではありません。

 それではなぜ、上智大学は現在のような総合大学に成長していったのでしょうか。

イエズス会が立てたカトリック大学

 日本のミッション系大学は、プロテスタント系とカトリック系の大きくふたつに分けられ、上智大学は後者です。

 聖心女子大学(渋谷区広尾)や白百合女子大学(調布市緑ヶ丘)など、都内にあるカトリック系の他4大学は全て女子修道会が創立した教育機関ですが、上智大学はイエズス会が創立しました。

 イエズス会は日本で初めてキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルも所属した、カトリック組織のひとつです。

 ローマ教皇ピオ10世(1914年没)が「日本に大学を創立したい」とイエズス会に要請し、3人の会士を日本へ派遣。それから5年の月日をかけ、1913(大正2)年に専門学校として創立されました。本部は当時と同じく、千代田区紀尾井町に置かれています。

左は1909(明治42)年測図の、右は1916(大正5)年測図の千代田区紀尾井町周辺の地図。右の地図中央には「文」の地図記号が見える(画像:時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」〔(C)谷 謙二〕).

 しかし創立直後に第1次世界大戦が始まり、イエズス会などからの支援は望めず、追い打ちをかけるように1923年、関東大震災が発生。建物が崩壊するなど、学校を取り巻く環境は次第に悪化していきます。

 1928(昭和3)年、大学令による大学となって文学部と商学部を開設したものの、第2次世界大戦の発生で、キリスト教は敵国の宗教とみなされ圧力をかけられるなど、その困難はさらに深刻なものへとなっていったのです。

 そうした状況が一変したのは、戦後からでした。

アメリカやヨーロッパからの支援が背景に


【調査結果】上智大学は何位? 3月発表「THE世界大学ランキング日本版2020」の結果を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画