昭和時代は週6勤務が当たり前! 労働者の味方「週休2日制」が広まったのはいつだったのか?

今となっては当たり前になった週休2日制。そんな週休2日制はいつごろから広まったのでしょうか。20世紀研究家の星野正子さんが解説します。


週40時間労働は1987年から

 現在では当然のこととして定着している週休2日制ですが、かつての日本人は土曜日も通勤・通学していました。若者たちはきっと驚くことでしょう。そんな週休2日制ですが、一体いつ頃から定着したのでしょうか。

 日々の労働時間は、1947(昭和22)年制定の労働基準法で、基本的に「1日8時間」と決まっています。当時は週48時間(6日間)が基準とされ、週休1日を前提としていました。

カレンダー(画像:写真AC)

 1980年代になると日本人の働き過ぎが問題となり、労働時間を短縮する方向へと制度改革が進みます。このなかで1987年には労働基準法が改定され、週40時間(5日間)に労働時間が削減されています。

 実際のところ、この法改正で一律週休2日制が始まったわけではなく、前後して週休2日制の導入が段階的に進んでいくことになりました。

 さまざまな業種があるなか、最も早く土曜日を休業とする制度改革を進めていたのは金融関連の業界でした。とりわけ銀行は、早い段階から土曜休業の実施を検討しています。

銀行が土曜休業に踏み切ったワケ

 銀行が踏み切った背景には、現金自動支払機(CD)の普及がありました。無人稼働する機械を設置すれば、窓口負担を減らせるばかりでなく、お金を24時間出し入れすることが考えられていました。その前段階として、土曜日を休業とし、CDだけ稼働させることが試みられたのです。

ATM(画像:写真AC)

 当時のCDは現在の現金自動預払機(ATM)と異なり、稼働時間も限られていました。当時のCDは銀行が休みの日にはサービスが休止していたため、土曜日を休業するには、まずCDを土曜休日も稼働させるための取り決めが必要でした。

 CDの普及を前提に、1983(昭和58)年8月には金融機関の第2土曜日の休日化が実現。1986年8月からは第3土曜日の休日化も実施されることになりました。この休日化には郵便局や信金などの金融機関も同調し、土曜休日が徐々に広まっていきました。

 このとき、いきなりすべての土曜日を休日にしなかったのには理由がありました。それは、CDが現在のATMのように多機能ではなかったからです。そのため、商取引の多い月末・月初にあたる第1・第4土曜日は窓口を営業していました。

大企業は週休2日制導入も……


【働き方アンケート】Z世代・ミレニアル世代の9割強が「週休3日制」の働き方に魅力を実感! 3人に1人が週休3日が実現するなら給与が8割でもいいと回答

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211104_shukyu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_shukyu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_shukyu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_shukyu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_shukyu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_shukyu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_shukyu_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_shukyu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_shukyu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_shukyu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_shukyu_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画