ネット全盛の今、「アナログゲーム」が社員研修で注目されている理由

古くから人気のアナログゲームが現在、企業内研修のプログラムとしても注目されています。いったいなぜでしょうか。文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんが解説します。


「遊ぶだけではないアナログゲーム」とは

 ステイホームによって改めて家での過ごし方が注目され、家族で手軽に楽しめるものへの需要が高まりました。そのなかでも特に需要が伸びたのがアナログゲームです。4月10、11日には東京ビッグサイト(江東区有明)で国内最大級のアナログゲームイベント「ゲームマーケット2021春」が開催され、多彩なアナログゲームが出展されました。そのなかには、「遊ぶだけではないアナログゲーム」の新たな可能性も紹介されています。

 アナログゲームは現在、企業内研修のプログラムとしても注目されています。

 例えば、大手飲食チェーンのサイゼリヤ(埼玉県吉川市)の「サイゼリヤ店舗運営ゲーム」は、プレーヤーが店舗のマネジャーとなって、店舗内で起こるさまざまなトラブルに対処していき、ポイントを集め他店舗と競う対戦型ボードゲームです。

「サイゼリヤ店舗運営ゲーム」のセット内容(画像:マネジメント・カレッジ)

 このゲームの面白いところはゲームで起きるトラブルが「給電設備の故障で停電が起きた」や「アルバイトが急病で当日の人員が減った」など実際に起きたものばかりで、プレーヤーはリアルにゲームに向き合うことができます。なお同ゲームは、第23回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出されました。

 また、アニメ制作会社のシンエイ動画(西東京市田無町)の「アニメ制作(デスク)ゲーム」はアニメ制作の要となる制作デスクを疑似体験できるゲームです。

 テレビアニメの絵コンテから作画、仕上げ、放映までの複数の進行業務を管理し、各セクションで起こるトラブルを都度判断し対策をとります。毎週の放映日を死守し、制作過程で得られたポイントを競うゲームとなっています。

 このような企業内アナログ研修ゲームは楽しみながら実際に起こりえる状況を体感し、対応力を身に付けていくもので、開発・企画検討する企業が増えてきています。上記のゲームは企業内研修向けのもので一般販売されていませんが、一般販売されればお仕事体験ゲームとして幅広い層から人気を呼びそうです。

学校で活用されるゲームも


【画像】研修用「アナログゲーム」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210610_game_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_game_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_game_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_game_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_game_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_game_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_game_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_game_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_game_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_game_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_game_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_game_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_game_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_game_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_game_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画