残暑で萎えた体を吹き飛ばす、真紅にたたずむ極上辛口カレーライス 御茶ノ水「JAZZ OLYMPUS」

もうすぐ9月ですが、まだまだ夏の暑さを感じます。そんな暑さを吹き飛ばすようなスパイシーでおいしいカレーを、カレー研究家の小野員裕さんが紹介します。


店名は名スピーカーから

 昭和初期創業の老舗ホテル「昇龍館」。その1階にある喫茶店「JAZZ OLYMPUS(ジャズ オリンパス)」(千代田区神田小川町)はオープンから8年ほど経ちます。

「JAZZ OLYMPUS」が提供する「赤いチキンカレー」(画像:小野員裕)

 店内に一歩足を踏み入れると、重厚なJBLのスピーカーからダイナミックな音が響き渡っています。ジャズのアナログ盤にこだわったジャズファン、オーディオ通が集う憩いの空間は、昼はランチ、夜はバーに姿を変えます。

 私が同店を初めて訪れたとき、まさかこんな洒落た空間に胃袋を躍動させるカレーがあるなんて想像もしていませんでした。

「店をオープンするとき、お客さんにランチの時間を有効に過ごしてもらえるメニューはないかって考えたんです。そうだ、僕の好きなカレーを出せばいいじゃないか、って思いましてね……」

と語るのは、飄々としてフレンドリーな店主の小松誠さん。ちなみに「JAZZ OLYMPUS」という店名は、JBLの名器「OLYMPUS」の商品名から拝借したものだそうです。

 小松さんが大好きだったカレー屋は、なんと私も魅了されていた日本橋室町にあった「インド風カリーライス」。いまは閉店してしまいましたが、毎日のように通ったそうです。そう言われてみればここのカレー、色合いといい、スープ状のサラリとした感じといい、どこか「インド風カリーライス」を彷彿とさせるものがありますね。

カレー作りもオーディオ通ならでは

 オープン当初、カレー作りに思考錯誤する中、国会図書館に訪れてヒンディー語のインド料理本を訳すほどの凝りようだったという小松さん。

「JAZZ OLYMPUS」の店内の様子(画像:小野員裕)

 試作6品の中で唯一、「これはいける!」とひらめいたカレーが、現在提供されている「赤いチキンカレー」です。その理由は見た目のインパクトと、やはり大好きだった「インド風カリーライス」の味わいに限りなく近かった、というのが決め手のようです。

「オーディオ機器って、アンプやスピーカーのパーツを変えるだけで音ががらりと変わるんですよ。カレーも一緒で、食材や各メーカーのスパイスを吟味しながらカスタムして、ブラッシュアップさせたのが、このカレーなんです」

と、オーディオ通ならではのカレー作りへのこだわりが面白い。

「赤いチキンカレー」と命名されたカレーは、まさに真紅に輝く色合い。そのカレーを見た途端、誰もが食欲がかきたてられるのではないでしょうか。

活性する胃袋、加速する食欲


【写真】真紅に輝く色合い! 10種類のスパイスから作ったサラサラなカレーソース

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190826_curry_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_curry_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_curry_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_curry_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_curry_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_curry_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_curry_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_curry_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_curry_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_curry_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_curry_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_curry_04-150x150.jpg

New Article

新着記事