【東京出身タレント名鑑】超コワモテ俳優・遠藤憲一(品川区)が「カワイイおじさん」として大ブレイクしたワケ

多くの俳優やアーティスト、タレントたちを輩出してきた街・東京。そんな東京出身の有名人にスポットを当てて、その人柄や魅力に迫ります。今回紹介するのは、芸能界きっての強面として知られているのに、最近では「カワイイおじさん」としても絶大な人気を集めている俳優の遠藤憲一さんです。


水族館も神社もある品川区出身

 ひと昔前、“ちょいワルおやじ”というフレーズが流行し、どこか不良っぽい中年男性がかっこいいという風潮があったのを覚えているでしょうか。

 近年は打って変わって“カワイイおじさん”の人気が高まっているようです。TikTokなどのSNSで中高年の男性の面白動画が人気を集めたり、「おじさん構文」と呼ばれる独特の文章が女子中高生の間ではやったり。

 こうした現象は「男らしさ」といった価値観が令和の現代ではやや前時代的と捉えられるようになり、ジェンダーという壁を取っ払った親しみやすさが重要視されるようになった変化が関係していると言えるかもしれません。

 こうした動きは当然、芸能界にも及んでいて、お笑い芸人や俳優など、さまざまなジャンルの“カワイイおじさん”が増えているように感じます。2021年6月5日(土)朝にも、「おじかわいいと思う俳優ランキング」というタイトルの記事(gooランキング)が配信されていました。

 そうした中でも、「昔は怖かったけど今はカワイイ」という意外なギャップを持つベテラン芸能人ほど、番組に起用されやすいのではと筆者は考えています。

2018年11月公開の映画『アウト&アウト』で主演を務めた遠藤さん。同月にはBS10スターチャンネル映画情報番組にも出演(画像:(C)2017「アウト&アウト」製作委員会、スター・チャンネル)

 強面(こわもて)で怖いイメージが強かったのに、今はなんだかカワイイという評価も受けているベテラン俳優といえば、やはり遠藤憲一さんではないでしょうか。

 2021年5月に公開された映画『地獄の花園』ではなんと、上場企業の総務部のお局OLという女性の役を務めました。同映画はバカリズムさんが脚本を書いたコメディー作品で、遠藤さんのOLの演技は想像以上に役にハマっていていると好評です。

コワモテなのにカワイイ、なぜ?


【驚き!】遠藤憲一さん演じる「お局OL」ビジュアル

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210605_endo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_endo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_endo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_endo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_endo_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画