1998年公開『ラブ&ポップ』 庵野秀明監督が描いた世紀末の渋谷と「エヴァ」ロスを埋めた女子高校生たち

女子高校生の援助交際を題材にした庵野秀明監督の映画『ラブ&ポップ』は1998年の公開時、世間に衝撃を与えました。そんな同作について、ライターのミゾロギ・ダイスケさんが解説します。


エヴァの監督が手掛けた実写映画

 2021年3月公開の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』をメガヒットさせ、『シン・ウルトラマン』(企画・脚本を担当)の公開、さらに監督作『シン・仮面ライダー』を控える庵野秀明監督。そんな庵野氏が初めて手掛けた実写映画は『ラブ&ポップ』という作品です。

 1998(平成10)年に公開されたこの映画は、村上龍の同名小説を原作としたもので、当時、社会問題化していた女子高校生の援助交際を題材としています。

『ラブ&ポップ』は、庵野監督が『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』(1997年公開)で『エヴァ』をいったん完結させた直後の新作として注目を集め、特に“エヴァ的なもの”に渇望していた人たちは劇場に殺到しました。実写作品ながら、巻頭で特集するアニメ雑誌があったほどです。 

 主人公は裕美という女子高校生(三輪明日美)です。彼女は同じ高校に通う友人3人(希良梨、工藤浩乃、仲間由紀恵)と、渋谷を拠点に援助交際でお金を稼いでいます。

 そんな裕美は「消えてしまうもの、移ろいゆくものの今をつなぎとめておきたい」という理由で、日常の風景をいつもカメラに収めています。デジカメの普及は2000年代なので、彼女の愛用カメラはフィルムを用いるタイプです。

 実は、庵野監督も裕美と同じようなことをしています。『ラブ&ポップ』のロケは渋谷のさまざまな場所で行われたため、映画そのものが、“消えゆく、移ろいゆく世紀末の渋谷の風景”をつなぎとめた記録でもあるのです。

 では、そこにはいかなるものが映っていたのでしょう?

作中に大型ビジョンは確認できず


【1997年撮影】渋谷の女子高生とセンター街

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210529_lap_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_lap_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_lap_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_lap_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_lap_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_lap_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_lap_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_lap_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_lap_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画