ひとりが寂しくて「パン屋」の店番をしていたら、なぜか結婚できちゃった30代女性の話【連載】東京・居場所さがし(6)

約1400万人もの人が住んでいるのに、ほとんど交わることのない東京は「孤独」を感じやすい街といえるでしょう。たったひとり暮らす大都会で、どうすれば自分の居場所を見つけられるのか。漫画家でイラストレーターのいしいまきさんが「脱ひとりぼっち」の方法を模索します。


自宅でひとり仕事する漫画家業

「パン屋で店番」……どうでしょう。少しあこがれませんか。わたし(いしいまき。漫画家、イラストレーター)は幼い頃見た映画『魔女の宅急便』や絵本『カラスのパン屋さん』などを思い出し、胸にときめくものを感じます。

ひょんなきっかけで、パン屋の店番をすることになった。そのいきさつとは?(いしいまきさん制作)

 さて、わたしは漫画家という職業柄、東京の自宅にひとりで仕事をしています。その上ひとり暮らしだと、誰とも会話しない日などざら。孤独を感じながら日々は過ぎていきます。

 それは精神衛生上よくないな……そう思い、コロナ以前は居場所を求め、さまざまな場所に顔を出すようにしていました。

 そのひとつが「イベントバー」。日替わりで店長が交代する、一風変わったバーです。お気に入りのバーテンダーさんが店に立つ日によく遊びにいっていました。

 そんな中、とあるお客さんに出会いました。その人はイベントバーからほど近い場所に店を構え、ひとりでパン屋を営んでいるとのこと。ときどきバーで顔を合わせるようになり、少しずつ会話するようになりました。

「うちで店番してみますか?」


【結婚の実態】婚約指輪「絶対に必要」な人は、超少数派だった!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/200718_pan_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200718_pan_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200718_pan_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200718_pan_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200718_pan_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200718_pan_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200718_pan_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200718_pan_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200718_pan_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画