一体何があった? 明星チャルメラのおじさんが「10頭身イケメンキャラ」に大変身した理由

2020年9月7日

ライフ
ULM編集部

おなじみ即席袋麺「明星チャルメラ」のキャラクターであるチャルメラおじさんが、このたび10頭身のイケメンキャラになって登場しました。え、一体どうして……。


長く深く愛されてきた、おじさんが

 インスタントラーメン――。

 世界で年間1064億食超(2019年、世界ラーメン協会調べ)が食べられている、日本発祥の定番食です。食べたことがない、という人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

 その中のひとつ、JR原宿駅(渋谷区神宮前)近くに本社を構える明星食品(同区千駄ケ谷)の「明星 チャルメラ しょうゆラーメン」は、1966(昭和41)年9月7日(水、大安)に発売されました。

1966(昭和41)年発売当時のパッケージ復刻版。おなじみのおじさんが描かれている(画像:明星食品)

 ホタテのうまみと秘伝スパイスが特長という本品。パッケージはおなじみ、ラーメンの屋台を引く「おじさん」が、明かりのともる夜の町角にチャルメラ(楽器)を高く吹き鳴らすイラストです。発売から半世紀以上、商品とともに変わらず愛されてきたキャラクターでした。

 ところがその「おじさん」、つい先日公開された広告ビジュアルで、なぜか目力強めでふわっとパーマの今風イケメンキャラとして登場したのです。

 なぜおじさんをイケメン化したのか。ありのままのおじさんでも十分皆に愛されていたのに。

 読めば広告の趣旨は「新旧チャルメラおじさんのラップバトル」で、イケメンの隣にはおなじみのおじさんの姿も。

 なぜラップ? なぜ片方のおじさんは今風イケメン? 企画の趣旨を、同社に尋ねてみることにしました。

当初の商品を復刻版として限定発売


【画像】イケメン化した「チャルメラおじさん」を見る(全6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200907_charumera_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200907_charumera_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200907_charumera_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200907_charumera_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200907_charumera_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200907_charumera_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200907_charumera_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200907_charumera_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200907_charumera_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画