花言葉は「小さな幸せ」 ある春の日、菜の花が教えてくれた大切なことを描いた漫画「じーんとした」

スーパーで買った菜の花に小さな幸せを発見した体験を、イラストレーターのBara.さんが漫画に描きました。


たくさんの草花が芽吹く季節

 Bara.さんは、関西出身で東京在住約10年のイラストレーターです。仕事、友人関係、恋愛、将来のこと、この街に暮らす意味……。日常に立ち現れる、ふとした感情の揺らぎを切り取るBara.さんのアーバンライフメトロ・オリジナル4コマ漫画。今回のテーマは「都会と私」です。

Bara.さんの体験を描いた漫画のカット(Bara.さん制作)

――Bara.さん、今回の作品を作った背景を教えてください。

 春を感じられる話をと思い、描きました。

――風が少しあたたかくなってきましたね。春が来るとどんな気持ちになりますか。

 外に出るのが楽しくなります。ワクワクしますね。

――3月の「春分の日」を1年の始まりとする考え方もあるそうです。Bara.さんは2021年、どんなことを始めたいですか。

 始めたいとはまた違うのですが、去年から語学の勉強をやっておりまして、今年はそれをマスターしたいです。

――さまざまな草花が生き生きと芽吹く季節でもあります。Bara.さんの好きな花と野菜はなんですか。

 花はラベンダー、野菜だと新じゃがが好きです。

――春生まれの人たちにひと言お願いします。

 春とともに年を重ねられるのはすてきですね。おめでとうございます。

――漫画の読者にひと言お願いします。

 春はなんだかワクワクする季節ですよね。木々からも食べ物からも、存分に春を感じて過ごしましょう!


【画像】漫画を読む

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210304_springs_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210304_springs_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210304_springs_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210304_springs_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画