大手カフェチェーンに飽きたら行くべき創業50年以上の都内「純喫茶」4選

喫茶スペースといえばカフェチェーンばかりの都心。そんなときこそ、古くからある純喫茶でゆったりするのはいかがでしょうか。今回は心落ち着く都内4選を紹介します。


純喫茶の魅力とは

 日本中どこへ行ってもチェーン店が目につきます。オシャレなカフェやチェーン店もいいけれど、味わいあるコーヒーや懐かしさを与えてくれる純喫茶(アルコール類を扱わず、コーヒー・紅茶類だけを出す純粋な喫茶店)でゆっくり過ごしてみるのはいかがでしょうか?

 今やコンビニやファストフード店でも気軽においしいコーヒーが飲めるようになり、近年ではオシャレなカフェやチェーン店も続々とオープンしています。生き残り競争の激しいなかでなぜ、純喫茶は長く愛されているのでしょうか。

 その理由はおいしいコーヒーが飲めることはもちろん、外観のたたずまいや店主の人柄、窓越しから見える風景など一言では語れないほどの魅力が詰まっているからです。

 そこで今回は、創業から50年以上の歴史と伝統を受け継いだ都内の老舗純喫茶をご紹介します。

1.銀座カフェーパウリスタ(中央区銀座)

 銀座カフェーパウリスタ(中央区銀座)は1911(明治44)年創業の、100年以上の歴史のあるお店です。ブラジル移民の父・水野龍さんがサンパウロ州政府からコーヒー豆の無償提供と、日本におけるブラジルコーヒーの普及事業を委託されたのが店の始まりです。

中央区銀座にある銀座カフェーパウリスタ(画像:(C)Google)

「もり・かけ・銭湯3銭」という時代に、5銭出せば誰でも豪華で文化的な雰囲気に浸りながら、西洋のハイカラな飲み物が飲めるということで、たちまちお客が殺到。9時から23時の営業時間で、多い日にはおよそ4000杯のコーヒーが飲まれたほどの盛況でした。

 常連客には芥川龍之介や菊池寛、与謝野晶子などの文化人も多く、ジョン・レノン、オノヨーコ夫婦が訪れたお店としても有名。

 こちらのお店の看板メニューは森のコーヒー。農薬や化学肥料を一切使用せずに育てたブラジルの有機栽培コーヒーで、酸味とコク、フルーティーな甘さが感じられます。このコーヒーを求めて来店する人も多いのだとか。長い歴史の中で、多くの著名人に愛された老舗の名店です。

2.名曲喫茶ライオン(渋谷区道玄坂)


【画像】ぽえむ下高井戸店の「スパイシービーフカレー」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210822_tea_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_tea_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_tea_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_tea_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_tea_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_tea_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_tea_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_tea_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_tea_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_tea_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_tea_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画