墨田区「両国」から離れた中央区になぜか両国郵便局があるワケ

両国と言えば、一般的に両国国技館のある墨田区両国です。しかし川を挟んだ東日本橋に両国郵便局という郵便局があります。いったいなぜでしょうか。フリーライターの大居候さんが解説します。


東日本橋なのに両国とは?

 浅草橋駅を南へ少し下ったところに架かる浅草橋を渡ると、左手すぐの場所に両国郵便局(中央区東日本橋)があります。

 この郵便局、名前は「両国」ですが、住所はなぜか中央区東日本橋。郵便局の東にある、隅田川に架かる両国橋を渡ると、おなじみの「墨田区両国」があります。

 東日本橋なのに両国――いったいなぜでしょうか。郵便局の名前の由来を調べてみました。

「明暦の大火」とその被害者たち

 現在、両国と言えば墨田区両国、すなわち隅田川の東側を指します。しかし、両国はかつて隅田川の東西両岸の地域に広がる地名で、むしろ現在の東日本橋がその中心地でした。

両国郵便局と墨田区両国(赤枠内)の位置関係(画像:(C)Google)

 両国の地名は、この場所がもともと国境だったことに由来します。

 1657(明暦3)年に発生した「明暦の大火」の際、隅田川に橋がなかったことから、多くの人が川に阻まれて亡くなりました。幕府はそれまで江戸の防衛のため、千住大橋よりも隅田川下流に橋を架けることを認めていなかったのです。

 このとき、火が迫った小伝馬町の牢屋(ろうや)から逃がされた囚人たちが、火のまわっていない浅草方面へ押し寄せました。そのため、現在の浅草橋駅付近にあった浅草見附(城門)の番人は略奪を恐れて門を閉ざしてしまいます。

 逃げていた人たちは避難路をふさがれ、後から来る人に押されて大混乱になりました。その結果、多くの人たちが隅田川に押し出されて水死しました。

橋が建設、大橋から両国橋へ


【画像】明治初期「両国」周辺の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210420_ryogoku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210420_ryogoku_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210420_ryogoku_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210420_ryogoku_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210420_ryogoku_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210420_ryogoku_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210420_ryogoku_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210420_ryogoku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210420_ryogoku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210420_ryogoku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210420_ryogoku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210420_ryogoku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210420_ryogoku_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画