かつて東京の「胃袋」を支えた行商人たちがいた 消えゆく彼らの記憶と痕跡を想う

かつて東京の食を支えた千葉や埼玉、茨城の行商人。その歴史をフリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


鉄道の登場で広がった行商人の行動範囲

 日々、私たちが口にしている食べ物は、当然ながら誰かが作り、運んでいます。東京は多くの食料を千葉県や埼玉県などの隣接県に依存しているため、それらの農家なしで生活は成り立ちません。

 千葉県や埼玉県、茨城県の農村部が生産する野菜が東京に供給されるようになったのは、大正に入った頃から。その一因は、各地に鉄道が開業したことです。まだ鉄道網が発達していなかった明治期は、東京の都心部にも田畑や家畜を飼育する牧草地が広がっていました。

 しかし、東京は次第に都市化し、次々と耕作地や牧草地は消失。当然ながら、東京都心部から農家の数は減ったわけですが、その一方で東京の人口は右肩上がりに増加していきます。

 東京で暮らす人々の胃袋は、主に千葉県・埼玉県・茨城県の農家が満たすことになります。これらの地域の農業従事者が、列車に乗って採れたての野菜や果物、鶏卵を東京まで販売しにきたのです。

京成電鉄の日常風景でもあった行商人たちの“通勤”風景(画像:小川裕夫)

 それまでも、野菜などを売り歩く行商はありました。明治期の行商がそれまでの行商と大きく異なるのは、鉄道という文明の利器が登場したことで行商人の行動範囲が一気に広がったことです。

 特に、東京と千葉・茨城方面を結ぶ常磐線や総武線、成田線、私鉄では京成線が開業したことは農家の販路を大きく切り開くことになりました。

 野菜行商で得られる売り上げは、農家にとっても貴重な現金収入です。そうしたことを理由に、農村では行商が盛んになりました。また、行商が大きく税収を増やすことから、地元の自治体も行商を奨励しました。

 大正末頃には、多くの行商人が列車に乗って東京を目指すようになります。そのため、早朝の列車は行商人で混雑するようになったのです。

常磐線の電化にともない、規制された行商人


【画像】かつて東京の胃袋を支えた、湖北駅の「行商台」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191209_gyosho_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_gyosho_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_gyosho_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_gyosho_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_gyosho_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_gyosho_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画