東京から南へ420km いまだ蠢く海底火山「明神礁」と、70年前のある測量船の悲劇とは

東京から南へ約420km。そこには海底火山「明神礁」があります。そんな明神礁の歴史とそれを取り巻く人間模様について、フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。


広がる東京の面積

 東京都の面積は今後、増える可能性を秘めています。というのも火山活動が活発な島しょ部では、噴火によって新たな島ができる可能性があるためです。

 現在小笠原諸島の西之島は、その途上にあります。火山活動で島の面積が拡大したことで、2018年の国土地理院と海上保安庁による測量の結果、日本の領海は約4平方キロメートル増えました。

 2019年9月の『東京都広報』第1万6936号では「新たな土地の確認」として、小笠原村父島字西之島に面積2.28平方キロメートルの土地が増えたことを告示しています。

 現代は噴火で島が増えても「珍しい現象」として耳目を集める程度ですが、かつては違いました。

 世界には未知の土地があり、そこには一獲千金のチャンスが眠っている――。20世紀後半くらいまでは、世界のどこにでもそのようなことを考える人が多くいたのです。

 また、新興国でビジネスを行って一獲千金というのが現在の定番の「ドリーム」ですが、以前は未知の土地で何らかの産物を掘り出したり、作物を栽培したりしてもうけようというのが定番でした。

 そのようなドリームに日本が最後に涌(わ)いたのは1952(昭和27)年のことでした。

 この年の9月17日に静岡県焼津港の漁船・第十一明神丸は伊豆諸島の青ヶ島南方約47kmで海底火山の噴火を目撃します。翌日、海上保安庁の巡視船「しきね」も爆発を確認。この海底火山は第1発見した船にちなんで、明神礁(みょうじんしょう)と名付けられました。

 なお、明神礁は東京の南方420kmに位置しています。

激しい火山活動


【地図】絶海の海底火山「明神礁」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_myojin_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画