水害と戦い環境保護にも熱心 東京で最も小さい「狛江市」を巡る【連載】多摩は今(6)

東京都の多摩地域東部に位置する、「水と緑のまち」狛江市。そんな同市の成り立ちと魅力について、まち探訪家の鳴海侑さんが解説します。


小田急線沿線にある自治体

 新宿から南西に進み、箱根方面へ向かう小田急線ですが、沿線の自治体は世田谷区や町田市といったイメージが強くあります。例えば独特な印象のある下北沢や高級住宅街のイメージが強い成城学園前は世田谷区ですし、町田駅周辺は南多摩の一大拠点として都内と神奈川県内から多くの人がやってきます。

 実は小田急線沿線にはもうふたつ、都内の自治体があります。ひとつは多摩ニュータウンに属する多摩市です。こちらに関しては小田急多摩線の存在を知っている人であればピンとくるでしょう。そしてもうひとつが今回紹介する「狛江市」です。

「狛江市」という字面を見て、読み方と場所ともにイメージできるは小田急沿線に在住ではない限り、そう多くはないでしょう。では、実際どのようなまちなのでしょうか。

位置は世田谷区の隣

 狛江市は「こまえし」と読み、世田谷区の隣に位置します。

 地名の由来としては朝鮮半島とのつながりがあり、朝鮮半島から渡来した「高麗(こうらい)の人が住む入り江」から「狛江」になったという説や百済(くだら)国王が高麗人を日本に帰化させたため「狛の里」と呼ばれたという説があります。

狛江市(画像:(C)Google)

 自治体の大きさとしては非常に小さく、日本で2番目に面積の小さい市です。最も面積が小さい市は埼玉県蕨市なので、狛江市は東京都で最も面積の小さな市ということになります。

 小規模な自治体は合併することが多いのですが、狛江の場合は昭和の大合併の際に合併できずに現在のまちの形になったという歴史があります。

 その特殊な立ち位置が一番よく現れているのが市外局番です。多摩エリアの市外局番は23区の「03」とは異なり、「04」から始まる市外局番(042や0422、0426など)です。しかし、狛江市だけは例外的に市外局番が「03」から始まっています。

 これはもともと、電話線が世田谷方面から引かれたためです。他方で歴史的には市内を流れる多摩川や野川の上流にあたる調布とのつながりも深くあり、電気を始め、調布市内を走る京王電鉄から供給を受けていました。

小田急線が東西を貫くまち


【画像】狛江駅前の変遷を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210409_komae_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210409_komae_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210409_komae_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210409_komae_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210409_komae_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210409_komae_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210409_komae_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210409_komae_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210409_komae_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210409_komae_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210409_komae_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画