なぜか知られていない、浅草寺近くに眠る身の毛もよだつ「老婆」とは

人々の憩いの場となる公園や、池。しかしそうした場所には、おどろおどろしい怪談話が語り継がれていることも。怪談・オカルト研究家の吉田悠軌さんが東京都内のスポットへあなたをいざないます。


荒れた地に建つ、1軒の小さな小屋には

「不要不急の外出を自粛してください」

 新型コロナウイルスの猛威が広がるなか、1日に何度も耳にする言葉です。

 とはいえ、野外での運動もしなくては、逆に健康も崩します。人と人との社会的距離が保たれた広い空間であれば、危険度もある程度は下がるでしょう。政府の専門家会議も「ひとりや少人数での散歩は感染のリスクが低い」と助言しています。

 そう、今出掛けるべきスポットは「公園」。それも、広場で遊ぶ子どもたちの邪魔にならないような「池のほとり」がいいのではないでしょうか。怪談好きの私(吉田悠軌。怪談・オカルト研究家)がオススメする、不思議な伝説の残る「公園」の「池」を紹介していきましょう。

●姥ケ池
 東京を代表する観光スポットのひとつ、浅草寺(台東区浅草)。しかしそのすぐ近くに、おどろおどろしい怪談スポットがあることはあまり知られていません。

大量殺人鬼の老婆の伝説が残る、台東区花川戸の姥ヶ池(画像:吉田悠軌)

 浅草寺の付近は「浅茅ヶ原(あさじがはら)」と呼ばれていました。奥州への街道沿いではありますが、当時は通行量も少なく、辺りは小屋1軒しかないような荒野だったとか。

 日が暮れてしまえば、道ゆく旅人は、その小屋に住む老婆から宿を借りるしかありませんでした。しかし老婆の正体は、恐ろしい鬼婆(おにばば)だったのです。鬼といっても妖怪の類いではなく、今でいう大量殺人鬼のほう。なにしろ寝静まった旅人の頭に大石を落として、次々と惨殺していったのですから……。

カップルを破局へ導く女幽霊のうわさ


【画像】記事で紹介した、東京にある「怪談スポット」の公園

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/200410_horror_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200410_horror_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200410_horror_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200410_horror_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200410_horror_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200410_horror_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200410_horror_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200410_horror_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200410_horror_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200410_horror_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画