男性保育士への根強い「抵抗感」 真面目な人が大半なのに……あなたはどう考える?

先日ネット上で、「男性保育士である父親が、性差別により理不尽に解雇されたという」旨の投稿が話題となりました。保育園で勤務経験があり、自身も子育て中のライター・秋山悠紀さんが、保育現場における男性保育士の実態と存在意義について、見解を語ります。


「おじさんだから」と保育士を解雇?

 ネット上で先日、「定年退職した父親が春から保育園で働いていたものの、女性職員からいじめを受け、女性園長から『おじさんだから』という理由で解雇された」という投稿が話題となりました。

保育の現場はまだまだ女性が多い職場(画像:写真AC)

 ツイート主は「完全な性差別で保育士不足に悩む世の母親達の首を絞めているのは同性の女性」と保育業界に対する不平不満を述べ、SNS上などでは議論を呼んでいます。

 女性が多い職場おける男性保育士の存在について、保育園勤務経験のある筆者が見解を述べます。

保育現場に潜む、性差別以外の問題

 今回話題となったツイートに関しては、詳細は分かりかねますが、もし本当に「おじさんだから」という理由で男性保育士が解雇されたのだとしたら、それは性差別以外の問題も見え隠れしているように思います。

 ひとつは、園長や管理者の質の問題です。本当に「おじさんだから」という理由で周りの女性保育士からの不満が出て、辞めさせられたのであれば明らかな不当解雇であり、保育士たちの管理を行っていない園長の職務怠慢です。

 保育の現場は、保育園関係者だけの閉じられた世界の中で日々の問題に対処しなければならないことも多く、待機児童解消のために保育園がたくさんできているなかで、保育の質の低下も懸念されます。

 もうひとつは、保育士たちの中にある「自分たちが長年やってきた仕事が、初心者に簡単にやられてしまう不安や不快感」です。

 数年前、実業家の堀江貴文氏が保育士の給料が上がらない問題について「誰でもできる仕事だから」と発言し、波紋を呼びました。この時、すでに保育園は退職していた筆者でしたが、元同僚らに話を聞くと皆がこの発言に大激怒。

 堀江氏の真意としては、「誰でもできる仕事と大変な仕事は同じではない。これ以上、国からの補助金や家庭からの保育料を増やせないのであれば、業務の効率化を図って保育士の給料を増やすしかない」というビジネス目線の意見があったようです。

 しかし、誰でも「あなたの仕事は誰でもできる」と言われれば「じゃあ、やってみてよ」「どれだけ大変な仕事かわかってる?」と不愉快な気持ちを抱かざるを得ないでしょう。

 定年後の男性など、社会的経験が豊富な人が転職して保育の現場に入ってきた場合、こうした保育士たちの不安が募り、場合によっては職場内での理不尽ないじめなどに発展してしまう可能性も否めません。

男性保育士の活かし方は保育園次第


【データで見る】「保育無償化」で家計はどう変わる?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/06/190629_manhoiku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190629_manhoiku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190629_manhoiku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190629_manhoiku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190629_manhoiku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190629_manhoiku_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画